FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

グアム戦時賠償請求、パラオのウイグル人、パプニューギニアと中国

2009年、6,7月の太平洋諸島ニュースを紹介します。

現在でも、グアムのチャモロ人は日本軍統治時代の戦時賠償を日本に求めています。

犠牲にったチャモロ人の正義はまだ回復されていません。



6/26 Pacific Daily News PIR
米国の防衛法案の中にグアム戦時賠償請求が盛り込まれた。

2010年の米国防衛認可法案の中にグアム戦時賠償請求が盛り込まれたが、同法案は米下院議会において389対22で可決された。第二次世界大戦中の日本軍のグアム占領による住民被害に対して1億260万米ドルの賠償を求める法案は、今年2月に米下院議会を通過し、現在、上院議会での審議を待っている。

1941年から44年の間、数千人のチャモロ人が日本軍による厳しい占領により犠牲になった。非武装の男女や子供が虐殺されたことは、住民の記憶に永遠に刻み込まれている。ボダリオ米下院グアム代表は「グアムの軍事占領により被害を受けた方々の正義を回復するために引き続き頑張りたい。」と述べた。




ウイグル人の受け入れは人道的な措置であるとともに、巧みな外交戦略でもあると思います。



6/25 Radio Australia PIR
パラオの大統領がウイグル人の安全を守ることを保証した。

パラオのトリビオン大統領は、ウイグル人がグアンタナモ湾からパラオに再定住した場合、彼らの安全に関して心配することはないと明言した。ウイグル人は、中国政府がパラオにいる彼らに接近するのではないかと恐れている。

ムスリムのウイグル人は中国西部の新疆ウイグル自治区の出身である。中国政府は彼らをテロリストとみなし、同地区においてイスラム分離独立運動を展開していると考えているが、米国政府はかれらをテロリストとは認識していない。


軍事的関係だけでなく、政治的、経済的関係が強化されています。



7/1 The National PIR
パプアニューギニアが中国との軍事関係を強化している。

パプアニューギニアのイラウ軍司令官が1週間、軍事交流訪問で中国に滞在している。安定的で、持続可能な形での軍事的関係の強化を目指して、パプアニューギニアと中国の両政府が協力し合っている。

軍事訓練協力、軍事幹部の公式訪問等を通じて、過去10年間、両国の軍事協力関係が形成されてきた。パプアニューギニアは中国と1976年に二国間関係を締結した。イラウ軍司令官は、パプアニューギニア政府と同軍隊は、現在も「一つの中国政策」に同意していることを強調した。
スポンサーサイト



<< 第3次嘉手納爆音訴訟と琉球差別 | ホーム | 大震災に対する学生たちの思いとボランティア活動 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP