FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

琉球―文化都市の植民地構造⑥

結びに代えて

 琉球では官民による多額の投資が行なわれ、立派な建造物やインフラも多くあり、人口も増え、文化都市の成功事例のように語られる。

しかし実態は、米軍基地を存続させるために補助金が投下され、国際イベントの場所としてだけ利用され、日本企業、日本人による支配が進み、島の自然、文化、地域共同体が破壊されるという危機的状況にある。

人間の精神と身体の土台は地域にある。

しかし現在、琉球では軍事基地、基地跡地開発、観光開発、日本の政府・企業・日本人による経済支配によって、琉球人は地域の根元から切り離されるという縁に立たされている。

また日米両軍の協力関係が強化されるなか、琉球全体が戦争の拠点になろうとしている。琉球の近代的な装いの、眩い文化都市の表皮を剥いでみると、エゴにまみれた人間たちの軍事経済支配に暗躍する醜い姿が立ち現れる。

 琉球は観光業、IT産業という低賃金・重労働・不安定な職種を押し付けられ、日本経済の周辺的な位置にある。

日本人にとって迷惑な米軍基地を押し付け、欲望を解消するために島で遊び、利益を得る場所として琉球を利用する。

2007年、日本政府は教科書から日本軍の強制による住民の「集団自決」という記述の削除を命じた。日本にとって都合の悪いことはそれが事実であっても歴史から消し去ることができると考えている。過去の抹消は開発による自然や社会の破壊と同じ性格を有する。

日本人によって過去を奪われた琉球人は、今に生きる基盤をもつことも、未来に希望を託すこともできなくなるだろう。

かつて琉球王国は東アジア、東南アジアの各地域と交易し、アジアの文化が花咲く島であった。しかし1879年に日本は王国を滅亡させた。

それ以来、日本人は琉球人を差別し、住民を巻き込む戦場とし、戦後は米軍に島を譲り渡し、自らは経済成長を謳歌した。今日は、観光開発、日米同盟の拠点として琉球を支配している。

日本人も観光客、移住者として琉球支配の最前線に立っている。琉球人はこの植民地構造を自覚し、歴史を共有する東アジアの各地域と協力しながら自治を実現するために議論し、行動する時期にきている。

スポンサーサイト



<< 奄美大島宇検村平田の豊かさ③ | ホーム | 琉球―文化都市の植民地構造⑤ >>


コメント

公開ありがとございます。

記事・論考の公開ありがとうございます。とても助かります。

いい意味で資本に黙殺されている与論島からみても、沖縄の開発状況はとても気がかりです。
琉球弧というくくりを見いだして、自分たちが主役になる運動を広げたいですね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP