FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

第14回鳩間島音楽祭

5月4日の八重山毎日新聞の記事をお送りします。

音楽による島おこしのこころみも素晴らしいです。




「届け!被災地へ 小さな島の大きな元気」。第14回鳩間島音楽祭(主催・同実行委員会)が3日、鳩間島コミュニティーセンター前広場で開催された。音楽祭には郡内外から1000人(主催者発表)の観客が来場。ステージでは特別ゲストとしてBEGINの島袋優さんをはじめ、下地勇さんや鳩間可奈子さんらが次々と出演して会場を盛り上げ、人口約60人の小さな島は音楽祭一色に染まった。

 同音楽祭は島の活性化と地域おこしを目的に1998年から開催され、現在では毎年、1000人以上の鳩間ファンが詰めかける人気イベントとして定着している。今回は東日本大震災の被災地復興支援に向けたチャリティーグッズの販売なども行われた。

 音楽祭は鳩間島民俗芸能保存会の「ユーアギジラマ」で幕開け。鳩間小中学校児童生徒による校歌斉唱やイタ&カズサンバチーム、田代哲二グループが南米音楽やロックを演奏。民俗芸能保存会による「鳩間中森」も披露された。

 音楽祭スペシャルバンドとして島袋優さんや下地勇さん、田代浩一さん、加治工勇・敦親子らがオリジナルソングを次々と演奏。軽快なトークで会場を沸かせ、アート&スチールワークアーティストとして活躍する大城英天さんのライブペインティングも行われた。

 ステージの最後は鳩間オールスターズによる「鳩間の港」で会場とステージが一体となって盛り上がり、鳩間港ターミナルでの見送りライブで幕を閉じた。

 晴天に恵まれたこの日は西表島で28.5度(午後3時12分)を記録する真夏日となり、会場では次々と披露される音楽を満喫しながら、合間に海水浴を楽しむ観光客もおり、思い思いに地域イベントを堪能していた。

 実行委員長の通事建次鳩間公民館長は「鳩間音楽祭の魅力は島民も観客もみんな自然体ということだと思う。手作りのまつりを楽しみに大勢の観客が訪れてくれてうれしい。皆さんのおかげで数々の賞をもらうことができた」と音楽祭の成功を喜んだ。

 また、全国初の地上デジタル放送全世帯普及達成認定証がデジサポ沖縄から同公民館に贈られ「鳩間島全世帯地デジ化完了宣言」も行われた。
スポンサーサイト



<< 基地建設について充分な説明をしない、できない日本政府 | ホーム | 鳩山前首相も琉球人に嘘をついていた >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP