FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基地建設について充分な説明をしない、できない日本政府

5月8日の沖縄タイムスの記事をご紹介します。


日本政府は琉球に対してなぜ辺野古出ないのかを合理的に説明する責任を放棄しています。
県知事でさえ、その説明をうけないまま、基地建設を押し付けられようとしています。

基地返還と移設問題の切り離しがなぜできないのかの、合理的な説明も日本政府はしていません。

他の基地との一体的な運用の合理的説明もなされていません。

植民地の住民には説明する必要がないというのが日本政府の本音なのでしょうか。




 「なぜ辺野古でなければならないのか」「県民に納得いく説明を」―。政権交代以降、4度目となった仲井真弘多知事と北沢俊美防衛相の会談は、互いの認識の違いを一層浮き彫りにした。日米合意の推進を型どおりに告げる北沢氏に対し、仲井真知事は「(普天間移設が)20~30キロの範囲でなければならない説明は何度うかがっても分からない」と、いつにも増して強い口調で反論。会談後には「(北沢氏が)何をしにきたのか分からない」と切り捨てた。(黒島美奈子)

 「似てますね。かりゆしウエア」と仲井真知事が切り出し、「同い年ですから」と北沢氏が応え、当初和やかにはじまった会談。しかし様子が一変したのは、「嘉手納基地以南の米軍基地返還と移設問題のパッケージを切り離すことは困難」との見解を述べ、北沢氏が席を立とうとした瞬間だった。

 「ちょっとお待ちください。意見が一つあるんですが」。会の終了を伝える司会の声を遮った仲井真知事は、普天間飛行場の移設がなぜ名護市辺野古でなければならないのか―理由を問いただした。

 「東日本大震災の時は、沖縄から東北へも(米軍が)行くわけでしょう。だからといって(抑止力の)機能が落ちるわけでもない。なぜこんなごちゃごちゃと(狭い沖縄で)なければならないのか」と知事。嘉手納以南のパッケージも「もとは別問題だ」と強い口調でただした。

 これに対し、北沢氏は他基地との一体的な運用の必要性を力説。知事の想定外の質問に「私みたいな頭の悪い者でもしばらくやっていたら理屈は分かるんですが」と、いらだつようなそぶりも見せた。

 会談の最後には「ワープロではなくて色綴(つづ)りで持ってきました。少しお金もかけました」と辺野古移設の必要性を記したというカラーパンフレットを知事に差し出したが、最後まで「納得のいく説明がほしい」という仲井真知事の質問に答えることはなかった。

250人抗議集会 県庁前

 北沢俊美防衛相が仲井真弘多知事と会談した7日、県庁前では米軍普天間飛行場の県内移設に反対する市民団体など約250人が抗議集会を開いた。北沢防衛相を乗せた車に近づこうとする参加者が警察官に制止される一幕もあり、一時騒然とした。

 大勢の警察官が警戒に当たる中、参加者らは北沢防衛相にシュプレヒコールを繰り返した。普天間飛行場滑走路北側に住む仲村渠永昭さん(55)=宜野湾市普天間=は「普天間は老朽化しており危険だ。固定化できるはずがない。実現しない県内移設はあきらめ早期返還すべきだ」と憤った。

 那覇市の70代女性は戦時中、身内が座間味島で「集団自決(強制集団死)」を体験した。「本土のために沖縄を犠牲にする構図は戦時中と変わらず、沖縄は苦しみ続けている。自立でなく、依存を強める振興策もいらない」と訴えた。

 ヘリ基地いらない二見以北10区の会の浦島悦子共同代表は「(政府は)米国の要求は受けるが、県民の民意はくみ取らない」と政府の姿勢を批判した。

宮古島視察に抗議
地元市民団体が声明

 【宮古島】宮古島市の平和運動グループや個人有志による「宮古平和運動連絡協議会」準備会のメンバーは7日、市平良の中央公民館で会見し、航空自衛隊レーダー施設がある宮古島分屯基地を8日に訪れる予定の北沢俊美防衛相の視察に抗議する声明を発表した。

 声明では、宮古・八重山に陸上自衛隊を配備する防衛計画大綱などに触れ「防衛相の宮古島来島はこれらの動きと軌を一にする」と指摘。レーダー施設が攻撃の的になる危険性や陸自配備が近隣諸国との緊張を激化させるとして、新たな自衛隊配備への反対とレーダー施設撤去を求めている。

 準備会の星野勉呼び掛け人代表は「辺野古移設で普天間飛行場が現状にとどまった際、下地島空港の暫定使用など自衛隊誘致と絡んだ新たな動きが出ないか懸念がある」と話した。

スポンサーサイト



<< 北沢防衛大臣の宮古島入りの波紋 | ホーム | 第14回鳩間島音楽祭 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP