FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

北沢防衛大臣の宮古島入りの波紋

5月9日にの宮古新報の記事をご紹介します。

北沢防衛大臣は「地元に迷惑はかけない」といっていますが、すでに賛成反対の対立を島内にもちこみ、島に混乱をもたらしています。被害日本大震災後、日本には琉球に自衛隊を配備する財政的な余裕はないはずです。
菅政権は本気で東日本の復興を考えているのでしょうか。

宮古島に行ったとき伊良部大橋をみましたが、国は下地島を軍事利用するために着々と公共事業を島で行っています。

自衛隊誘致によっては島に自立も自治も実現しません。




沖縄を訪問している北沢俊美防衛相が8日、 宮古島を訪れ、 市上野野原の航空自衛隊宮古分屯基地を訪問したほか、 宮古空港で下地敏彦市長と面談した。 また、 上空から下地島空港を視察した。 面談の中で北沢氏は 「(自衛隊配備の) 総合的な計画を練るため、 現地を視察した。 内容が固まり次第説明していきたい」 と話した。 一方、 宮古空港、 同分屯基地周辺には自衛隊誘致賛成派、 反対派が集まり、 歓迎と抗議活動を繰り広げた。


 北沢防衛相は午前10時ごろ、 自衛隊機で宮古空港に到着。 到着後、 同分屯基地に向かった。 基地内では配備されている地上電波測定装置などを視察したとみられる。

 同11時半ごろから宮古空港VIPルームで行われた面談には下地市長をはじめ、 長濱政治副市長、 安谷屋政秀総務部長、 古堅宗和企画政策部長が同席した。

 北沢防衛相は 「日ごろから分屯基地に理解をいただきありがたく思う」 とし、 「今年度、 南西諸島の (自衛隊) 配備についての調査費3000万円がついた。 一つには最南端の与那国を中心に、 考え方をどうまとめるかがある。 先島全体では規模は未定だが、 総合的な計画を練るため現地を視察した」 と今回の目的を説明。 下地市長に対し 「いろいろな計画が一つずつまとまったら知らせ、 共に考えていきたい」 と話した。

 下地市長は 「調査はこれからということで、 内容が固まり次第説明をお願いしたい」 と求めた。

 また、 北沢防衛相は 「自衛隊誘致に賛成、 反対はあるので、 地元になるべく迷惑をかけないような形をつくりながらやっていきたい」 と話した。 面談の中ではそのほか、 尖閣諸島周辺での漁業の操業について、 宮古島の概要などについて意見を交わした。

 防衛省は先島諸島周辺海域での中国海軍の活動が活発化していることを踏まえ、 宮古島や石垣島に陸上自衛隊の国境警備部隊を段階的に配備することを検討しており、 北沢防衛相も 「先島の防衛拠点は重要で何らかの形で配備したい」 との意思を示していることがこれまで全国紙等で報道されている。 同氏は昨年3月に与那国島も訪問している



北沢俊美防衛相が帰任後、 宮古空港で行われた記者会見で下地市長は 「大臣は今後、 誠実に話してくれるという印象を受けた。 これから調査が始まり、 その都度説明を頂けると思う」 と述べた。

 今回の来島については 「南西諸島の防衛を防衛大綱の中できちんと位置付けており、 その対応として防衛省の最高責任者として宮古島の現状を見ておきたいという気持ちで来島したと思う。 今後、 調査の内容はわからないが、 現在、 市に対して協力を求められていることはない」 と説明した。

 自衛隊誘致反対派、 賛成派については 「国防について十分論議すべき時期にきている。 意思表示は構わない。 もっと掘り下げた理由で市民が納得できるような意見を (基に) 論議してほしい」 とした。

 また、 下地島空港については 「県・市町村行政連絡会議でも言っている通り、 災害時緊急支援物資基地の推進をずっと県に要望している」 と述べた。



8日、 北沢俊美防衛相の来島に合わせ、 市民団体や市議会の有志らからなる宮古平和運動連絡協議会準備会 (星野勉世話人代表) が抗議集会を宮古空港周辺で行った。 また、 上野野原の航空自衛隊宮古分屯基地前では下地島に自衛隊を誘致する住民の会 (伊志嶺朝令会長) がのぼりを手に来島を歓迎した。

 反対派は北沢防衛相が到着する午前10時ごろ、 宮古空港入口付近で 「宮古島に自衛隊はいらない」 「下地島、 宮古空港の米軍、 自衛隊の軍事利用に反対」 「憲法九条を実現しよう」 などと書かれた横断幕やプラカードを手に 「宮古への自衛隊配備反対」 とシュプレヒコールを上げ、 北沢防衛相の来島に強く反発。 また、 同分屯基地から戻る午前11時半ごろ、 自衛隊機が離陸する正午ごろにもシュプレヒコールを繰り返した。

 みやこ九条の会の三浦春彦事務局長は 「分屯基地の通信施設は戦争の際に狙われ、 危険。 我々としても遺憾。 国境の島に軍事設備を配備するのでなく、 憲法にのっとり、 近隣諸国と友好を深めてほしい」 と話した。

 同分屯基地前で来島を歓迎した同住民の会は約20人が集まった。 伊志嶺会長は 「我々の目的は地域振興。 今のままの伊良部では橋が架かっても活性化しない。 下地島空港を有効活用しないとこれからの発展はない」 と説明し、 「中国の潜水艦などが日常的に接近しており、 危険な状況にある。 我々は独自で自衛隊誘致を呼び掛けるが、 市としてもはっきりと誘致に賛成か反対か言ってほしい」 と意見を求めた。
スポンサーサイト



<< 今日から琉球に行きます(第10回ゆいまーる琉球の自治in与那国島) | ホーム | 基地建設について充分な説明をしない、できない日本政府 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP