FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

今日から琉球に行きます(第10回ゆいまーる琉球の自治in与那国島)

今日、琉球に行きます。夕方、琉球の自己決定権行使について関心のある若手の方々とミーティングを行います。明日は新崎先生と話し合い、夜は、ゆいまーるの集いの前夜祭をし、交流を深めます。

13日に与那国島にいき、午後から島内をレンタカーでまわります。私は小学2年までの3年間、与那国島にすんでいました。

その後、何回か島にいき、今年の3月には事前に島にいき、今回の集いの準備をしてきました。与那国島は自衛隊を受け入れた自立、自治をめざすのか、台湾との交易に力をいれるのか、島の過疎化問題、農業・漁業そして長生草などの特産物製造業の可能性について、深く島の方々と議論をする予定です。

田里町議、崎原与那国改革会議議長(私の父親が与那国で働いていたときにお世話になっていた方)、安里・与那国花蓮県交流発展協会会長など、島の方に大変お世話になっております。琉球の自治について考え、熱い議論をしたいと思います。


I will go to Okinawa today.Today,I will meet with some young Okinawas to talk about the militalization of Guahan and Okinawa,and the possibility of participation of Un Special Committee on Decolonization.In 12th,I will talk with Mr.Moriteru Arasaki who is chairperson of Okinawa University and specialist of Anti US military base moveme...nt in Okinawa.In 13th,I will go to Yonaguni Islands which is situated at most western place in Okinawa and near Taiwan.You can see Taiwan from Yonaguni when the climate is good.The Japanse government has the plan to to Japanese military base on this island eventhough the protest of many Yonaguni people.I will have the forum to discuss about the militarization of Yonaguni Island with Yonaguni people and other people who come from other places in Japan.I think that the militarization of Guahan is strongly related to that of Okinawa.The anti militarization movement of Okinawa is good at that of Guahan.
スポンサーサイト



<< 琉球人の若者による琉球の脱植民地化のための話し合い | ホーム | 北沢防衛大臣の宮古島入りの波紋 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP