FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ゆいまーる琉球の自治in与那国島3

5月18日の『沖縄タイムス』に、ゆいまーるの集いについて写真入りで報じていましたので、お伝えします。

取材ありがとうございました。




 「ゆいまーる琉球の自治の集いin与那国」(主催・NPO法人ゆいまーる琉球の自治、代表・松島泰勝龍谷大学経済学部教授)が14日、与那国町構造改善センターで開かれた。住民や学識者ら約20人が町への「自衛隊配備」や「台湾との交流推進」「産業振興」などのテーマについて話し合い、島民主体の自治のあり方を模索した。「与那国・花蓮県交流発展協会」(安里與助理事長)が共催した。

 松島教授は「県北部のやんばる地域では基地関連の補助金が増えても失業率は高く、人口減少は止まらない」と指摘。「自治とは島の一人一人が現状を考え、島をつくるという自覚を持って行動することではないか」と提起した。

 その上で「台湾が日本の植民地となった1895年以降は国境線がなくなり、人とモノが自由に行き来して島は発展した。もしも国境がなくなれば、海を介在してほかの地域とつながる島は大いに発展する可能性がある」とした。

 安里理事長は「人口減少により、地域の伝統行事や文化活動に担い手不足という影響が出ている」と報告。「八重山全体が台湾との交流に積極的に取り組み、協会が国境を越えた新しい生活交流圏の創造を目的とする中、自衛隊配備によって本当に島は活性化するのか」と問い掛けた。

 中京大学の佐道明広教授(政治学)も「自衛隊は地域振興のための機関ではなく、配備されたからといって産業が栄えるわけではない。短期的には島民になるかもしれないが、『いずれ帰る人』に島の未来を託せますか」と指摘。「与那国島に新たに基地を造ることは(周辺国に対し)『脅威に思っていますよ』というメッセージにもなる。国が与那国の将来像を考えて自衛隊を置く、という話ではないことを考えてほしい」と呼び掛けた。

 参加者からは「町には定住支援制度がない。本当に人口を増やす努力をしているのか」「小笠原諸島の父島の高校は定員20人。与那国も人数的には高校設置も不可能ではない」などの意見があった。

 同NPOは2007年の設立以来、久高島や西表島、沖永良部島など9島で各島民と同様の集いを開いてきた。

スポンサーサイト



<< ゆいまーる琉球の自治in与那国島4 | ホーム | ゆいまーる琉球の自治in与那国島2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP