FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ゆいまーる琉球の自治in与那国島7

土曜日に宮城県に行きました。土曜日は多賀城の社会福祉協議会、西本願寺のボランティアセンター、塩釜などにいき、被災地、被災者の支援活動について話を聞いてきました。道をあるいていた被災者の方、被災地の子供を支援している楽天球団の方などにもお話を伺いました。今日も被災地各地に行き、被災・被災者の状況を京都にかえって学生に伝え、支援の形を学生とともに考えていきたいと思います。

昨日、夜遅く自宅に戻りました。昨日は朝8時に石巻に向かいました。先代市内から1時間超かけて、石巻につき、駅前にある石巻観光案内所で震災の話を伺い、石巻市役所に行きました。その後、歩いて被害が非常に大きい場所に行きました。

言葉を失いました。一生忘れることのできない光景でした。石巻専修大学に行き、社会福祉協議会の方と支援方法について話し合いまた。今日一日で1000人のボランティアが石巻で活動していました。

その後、バスで松島に移動する途中で、東松島の被害を目の当たりにしました。破壊された住宅、海水につかった田んぼなどが、どこまでも続いていました。松島では船に乗り、湾内の漁業の破壊状況、観光業への影響などについて地元の方に話を伺いました。

被災地でのボランティア活動は必要とされており、実際、全国また世界からボランティアの方がこられており、すこしづつ復興を自治の力でやり遂げていることを実感しました。



P5130809.jpg
西崎灯台を訪問しました。琉球最西端の場所です。


P5130810.jpg
漁港の久部良の村です。自衛隊が島に配備されると、漁業にも大きな影響が生じることが予想されます。


P5130814.jpg
高良勉さんです。NPOの理事として今回は与那国島の集いに参加して下さり、大変うれしく思います。


P5130815.jpg
与那国島で幼少期を過ごした私にとって、島は第二の故郷です。海で泳ぎ、山で遊び、川で魚をとって生活し、島の方々に育てられました。島は私の先生であり、いろいろなことを学ぶことができます。今回の集いも、島からたくさんのことを学び、他の人に伝えたいという気持ちで開きました。

P5130817.jpg
「チーズ」ではなく「サーターアンダギー」といって、写真を撮りました。高良さんがハワイの琉球人から教えてもらったそうです。琉球には琉球のやり方があって当然です。これから、どんどんはやらせましょう。
スポンサーサイト



<< ゆいまーる琉球の自治in与那国島8 | ホーム | ゆいまーる琉球の自治in与那国島6 >>


コメント

東京・駒込の琉球センター・どぅたっち が経営難・ピンチだとブログにありました。

有志で懇談・激励パーティーをされたらいいのではないですか。

倒産するのは惜しい気がします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP