FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ゆいまーる琉球の自治in与那国島15

P5140892.jpg
与那国島の集いでは、自衛隊という日本政府の組織に頼るのではなく、自らの自治の力で島を動かしたいという、熱い島の方々の思いに触れることができました。島外から来た人も、その気持ちを胸にして、外からこれからも島を支援していきます。与那国島の応援団です。


P5140891.jpg
田里さんは私のそばに座っていましたが、時々メモをとり、真剣に議論から何かを得ようという、強い意志を感じました。与那国の自立、自治のために一昨年、現町長と闘い、現在は町議として島のために命をかけて働いています。田里さんのような自治的自覚をもった方がもっと増えると、島は変わると確信しました。


P5140895.jpg
崎原さんは、与那国改革会議の議長です。与那国に自衛隊はいらないと明確に主張し、行動する団体の長です。私の父親が与那国で働いていたとき、崎原さんに大変お世話になりました。崎原さんからは与那国の歴史と文化について話を伺いました。

島の歴史や文化を大切にし、誇りにしているからこそ、自衛隊という近代的な組織への依存を拒否しているのだと思います。自衛隊員、その家族が島に移住することで、島文化、島言葉が片隅に追いやられてしまうおそれもあります。崎原さんからは島の言葉、生活、習慣などについても教えてもらいました。

P5140896.jpg
ゆいまーるの集いは、政治や経済や行政だけが自治の分野だとは考えていません。歴史、文化、生活、習慣全般にわたる人間の自治が発揮されないと、島、地域は動かないと考えます。リーダー、町役場、国だけが島を動かせるものではありません。

自治を文化とを結ぶつけることが、ゆいまーるの集いの大きなテーマです。島の言葉、習慣、自然、社会全体を自治に結びつけることが大切であると考えています。

P5140900.jpg
宮良さんからも島の習慣、文化についてのご発言がありました。文化人類学者である、東海大学の加藤先生は後日、宮良さんのご自宅に行き、詳しく島の文化について伺いました。宮良さん、ありがとうございました。与那国の文化は非常に奥深く、人を引き付ける強い磁力をもっています。

P5140901.jpg
参加者全員が、当事者意識をもって真剣に議論をしているところです。後方におられる方が、沖縄タイムスの記者さんだと思います。後日、同紙で、このつどいについて報道してもらいました。

スポンサーサイト



<< ゆいまーる琉球の自治in与那国島16 | ホーム | ゆいまーる琉球の自治in与那国島14 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP