FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ゆいまーる琉球の自治in与那国島16

P5140902.jpg
中京大学の佐道さんが次のようにご発言下さいました。与那国にはすでに自立構想があり、自衛隊誘致による地域振興は必要ない。対馬にも自衛隊が駐屯しているが、人口が減少している。与那国島は本当に自衛隊に島の将来を託くせるのか。人口がさらに減少して「防人の島」になるおそれがある。

陸自は組織防衛のために南西諸島方面に進出しようとしているといえる。空白地帯に新たに軍備をおくことは脅威のメッセージとなる。与那国に陸自を設置することの軍事合理性のない。


P5140903.jpg
早稲田大学の佐藤さんも、ご自身の調査地である小笠原諸島の事例をだしながら、与那国島にも高校を設置できるという提案をされました。それに対し、会場の島の方々からも質問が多く出され、具体的な提案として注目されました。


P5140904.jpg
島に移住して30年の女性が次のように発言されました。与那国役場は定住支援や促進の活動を行っていない。自衛隊を誘致する前にすべきことがたくさんある。島は教育するにはとてもいい環境であるが、役場は人口を増やす努力をまったくしていない。また、自衛隊反対側も反対だけではなく前向きな提案すべき。


P5140905.jpg
比川地区に住む女性は次のようにご発言されました。老後がどうなるかと不安である。自衛隊が家の近くでエイサーの練習を朝からしたことがある。とてもうるさいし、税金のむだである。マラソン大会参加のためにも自衛隊が来る。

P5140907.jpg
私が住んでいたころの写真です。水牛が島にはたくさんいました。水牛は台湾から島にもたらされ、農耕用として利用されてきました。台湾の方も島に来て農耕作業をしたころもあります。
スポンサーサイト



<< ゆいまーる琉球の自治in与那国島17 | ホーム | ゆいまーる琉球の自治in与那国島15 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP