FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ゆいまーる琉球の自治in与那国島18

P5140914.jpg
田里さんのご発言です。「うらぶの高きおもうなかれ、大空の限りなきを知れ、島の小ささを憂うることなかれ 太平洋の広きをみよ」という大舛松市大尉の言葉をご紹介されました。
台湾との交流ができなくなって島の衰退が始まった。

「与那国・自立へのビジョン・自立・自治・共生」が2005年に作成された。内容の一部は次の通りである。
簡易な修理は公民館がやる。役場が資材をだす。自治基本条例をつくり、自治公民館の強化を図る。公民館の拝所を財産としてみとめる。行政から公民館に人を派遣する。公民館長は報酬制にする。役場だけでなく、住民との協働のまちづくり。
 
生活圏の確立のために与那国の開港をもとめた。しかし、国の財政負担が大きいと拒否した。実績をつくれという回答。それで与那国町は事務所を花蓮市につくった。

 光ケーブルは西表までしかきていない。1600人の人口に30数億円の費用をかけられないという。費用対効果が悪いとして、経済性を国は求めている。場合によっては台湾に支援を求めてもいいと考えている。
花蓮県の人口は35万人である。台湾東部との連携を深めるために、八重山諸島観光宣言をさせた。また台湾と与那国とが災害防災医療協定を締結した。

与那国は台湾と沖縄の中継地になる。国際村を構想している。そこでは日本語、中国語を学ぶことができる。高校、専門学校設立の可能性がでてくるだろう。


P5140915.jpg
田里さんの話を皆、真剣に聞いていました。


P5140919.jpg
次に高良さんが次のように話されました。与那国島、比川の神女が、CTSをつくることを与那国の神は許さんといった。
一坪反戦地主会主催の集いを7月にしたい。島を分断する試みを許さん。

文化的財産をしまおこしの種にする。祭りの国指定。与那国の言葉が琉球の言葉の重要な一つ。毎日、水に感謝する文化が与那国の文化である。


P5140921.jpg
高良さんは台湾の原発問題についても次のように指摘しました。

3つの原発が台湾にある。第4原発の建設はは住民運動で反対されている。第4原発は与那国の近くにある。第4は福島型である。三菱重工が設置する予定である。台湾山脈は地震帯である。

陸自で与那国は守れない。原発をミサイル攻撃したら終わり。

与那国、石垣、台湾、福建の漁民が尖閣列島の生活者が漁民同士のサミットをひらく。将来どのように使うのかを議論させる。沖大の地域研究所主催で実施予定である。

昨年名古屋で開かれたCOP10会議において、 台湾原住民が尖閣を琉球人のものと主張し、周辺の人民が共同で利用しようと提言した。それにより平和的活用が可能になる。


P5140920.jpg
原発問題は琉球にとっても他人事ではないことがわかります。
スポンサーサイト



<< ゆいまーる琉球の自治in与那国島19 | ホーム | ゆいまーる琉球の自治in与那国島17 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP