FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ゆいまーる琉球の自治in与那国島19

P5140922.jpg
大阪から島に移住した浅海さんが次のように話しました。
島のマラソン大会になぜ自衛隊が来るか。実行委員会が自衛隊を呼ぶ。自分たちでも準備ができるが。萩市三島、宮古島、伊江島、対馬の自衛隊基地を比較したことがある。対馬に700人の自衛隊が駐屯。三島には空自200人がおり、米軍の通信基地が自衛隊基地になる。宮古空自通信基地200人。

三島千人人口。学校だけ自衛隊によって助かっている。島の子供を育てる教育がされていないと島の両親が心配。自衛隊は地域の行事にほとんど参加しない。

島は民主主義が欠落。行政のトップ、職員に島のために何かをするという意識が欠落。上に行くほど、その意識がない。2011年、共同売店が比川にできる。2年前に役場から共同売店をつくりたいから、考えてくれという話がある。住民が理事をきめ、規約をつくるが、役場の総務課長は住民の意見を無視。町長もそうだという。

国際カジキ釣り大会は町役場が主催。漁協ではない。大事なことは役場が握って離さない。住民の意見は無視する。

与那国在住、10数年。骨を埋めるつもり。役場の体質を変える必要がある。
自分たちのことを考えている議員を選びたい。議会の傍聴もしている。


P5140925.jpg

崎元議員は次のように述べました。

現在、46歳。創業80年の崎元酒造所の3代目。厳しい経営、輸送コストとの戦い。新しい事業展開ができない。アイターン者の問い合わせ多い。雇用がない。農業、漁業の政策は不十分。商業に対する政策は何もない。

自分の酒造会社を郊外に移した。役場は農地を工業地に変えようとしなかった。手続きに5年以上かかった。水道、電気をひいた。与那国町役場にいっても「自分でやれ」という。「自己責任でやれ」こんなに冷たい行政はない。

町職員が島のために何かするという意識が欠如。だから雇用が生まれない。

商業を盛起こすことで人が増える。与那国島には2万人の郷友会がいる。そことの協力によって、自衛隊がこなくても雇用を生み出すことができる。一人の起業が成功すれば、さらなる雇用がうまれる。

 台湾との交流が一番可能性がある。輸送コストがかなり安くなる。大阪からビンを仕入ているが、1本100円になる。そのうち輸送費が30円。東南アジアからビンが来ているから、台湾経由でやれば事業の可能性が生まれてくる。

P5140926.jpg
島で農業をしている宮良さんは次のように述べました。

 農林水産業が島にとって大切である。島を支えてきたのはサトウキビである。復帰前、製糖工業ができた。労賃80セント、琉球肥料が製糖工場をつくった。

20、30年前から生活が変わった。24時間電化は最近。

行政に農業に対するビジョンがない。農産物の価格は下落して、肥料輸入価格が1.6倍に上昇した。1リッターあたり燃料価格も上昇。キビでは生活困難。

カボチャ栽培をしているが、市場が遠い。日本の中でもっとも遠いところに市場をもっている島である。

マスコミも聞いてくれない。政治を変えないといけない。

学歴も能力も町長を邪魔している。与那国は北朝鮮でない。組長、議会も変えたい。行政のための自治ではない、住民のための自治を確立する。

P5140937.jpg
交流発展協会の安里さんは次のように述べました。島の各部落に公民館があり、行事がたくさんある。人が足りない、祭りごとにも若い人がいない。自衛隊さえ誘致すれば何でもできると町長はいう。そうではない。町役場を変える必要がある。

P5140929.jpg
崎原さんも次のよう語りました。島で、このゆいまーるの集いのような自治の会合を開いていきたい。そして自分はいま農業をしているが、こからも島のために農業を進めて生きたい。自衛隊基地設置に対しては体をはって反対していきたい。自分は与那国をこよなく愛しているから。

スポンサーサイト



<< ゆいまーる琉球の自治in与那国島20 | ホーム | ゆいまーる琉球の自治in与那国島18 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP