FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

仲井真政権の政治スタンスを問う

『一坪反戦通信』NO.183、2006年11月28日号に私の「仲井真政権の政治スタンスを問う」と題するコラムが掲載されましたので、ご紹介します。


仲井真弘多氏が沖縄県知事に選出された。公約文から仲井真氏の政治姿勢を問いたい。

「わが国の憲法の理念や近年のアジア情勢を踏まえると、わが国の平和と安全を守るため構築された日米安全保障体制は妥当な選択であり、米軍基地の存在は必要と理解している。

特に最近の北朝鮮の核武装問題などを勘案すると、今後とも日米安全保障体制の継続が必要と考えている。」

「戦後の日本が平和な国民生活を享受し経済が発展し続けてきたのは、日米安全保障体制がわが国および東アジアにおける平和と安定の維持に寄与してきたことによるものであり評価している。」

基地の存在により住民が戦争に巻き込まれる恐れが最も高いのが琉球であるにもかかわらず、日本の安全保障政策の観点から琉球をみている。

戦後の琉球が米軍支配による多くの被害を受け、「平和な国民生活」を享受しておらず、また日米安保が東アジアの不安定要素となっているという現実を全く考えていない。

基地問題について、「国際社会における安全保障、地主や基地従業員の生活、跡地利用計画など勘案し、基地の整理・縮小を求め県民の過重負担の軽減。(中略)協議会には参加。
北部振興策の継続を求める。」と述べている。

「国際社会における安全保障」という言葉が真っ先に来ており、基地を国家安全保障、経済振興という面から評価している。

「基地被害に苦しむ住民」という、琉球人の苦境に対する感性がない。仲井真氏は東京大学を出て通商産業省で働いた経歴をもつ。

琉球出身ではあるがそのスタンスは国家官僚と同じである。琉球人の立場が全く欠けている。稲嶺知事よりもさらに国への依存、従属化を深めるのではないか。

経済政策をみると「観光客年間1000万人誘致、失業率の4%台を目指す。1.企業誘致、2.情報通信産業、3.観光産業、4.特別自由貿易地域、健康・バイオ・金融特区への企業誘致等の4つのエンジンによる4万人の雇用を創出する。」

「大規模な返還基地跡地には国家プロジェクトの導入を目指す。跡地に都市型リゾート、アジアの一大ビジネスセンターを設置する。」

仲井真氏の売りである経済政策は、さらなる乱開発、日本企業による支配、低賃金重労働の拡大、国への従属化を突き進むことを意味している。

これまで「経済自立、失業解消」という甘い言葉が保守系知事から出されたが未だに実現していない。我々琉球人が日本の立場から琉球をみる知事を選んだのである。

我々が変わらなければ琉球の現実も変わらない。私は近著『琉球の「自治」』において、これまでの開発政策、基地・環境問題、自治、平和、経済学について多くの問題提起を提起した。

今後は、仲井真政権が行う開発・基地政策を批判し、御用経済学者と論争するとともに、琉球弧における内発的な可能性を明らかにしていきたいと考える。

一人の人物によって琉球は支配できない。琉球を救うのは、琉球について本気で考え、行動する人々の「ゆいまーる」である。

スポンサーサイト



<< 発見された近代沖縄の新聞 | ホーム | 奄美大島宇検村平田の豊かさ⑤ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP