FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アメリカとは何か

成田から飛行機でカムチャッカ半島など、太平洋の北を飛んで、北アメリカ大陸を横断しました。機上から雲がないと地上を見ることができました。数時間も大地の上を飛行しましたが、果てしなく、どこまでも大地が広がっています。五大湖も琵琶湖とは比較にならないほど、先が見えないほどの広さです。

私が研究している島とはまったく違うということを、はっきりと実感しまいした。私はアメリカ合衆国の中ではグアム、ハワイなどの島しかこれまで行ったことがなく、大陸は初めてです。グアムと琉球に基地を置くことにより、たくさんの問題が発生します。島と大陸では、基地が与える社会的影響がまったく違います。


アメリカとは何かを学ぶために、セントラルパークを歩いて、メトロポリタンミュージアムに行きました。美術品だけでなく、歴史的遺物も展示してある、大きな美術博物館です。世界中からよくこれだけのものを集めてきたなと思いました。それだけ資本がアメリカにはあったという証拠であり、世界最大の経済、政治、軍事大国のアメリカをこのミュージアムが象徴していました。


展示品は欧米文化、その形成に影響を与えた地球上の地域の展示に重点がおかれていました。「偉大なアメリカ」の歴史的文化的背景を知り、「アメリカを好きになる」ような構造になっています。琉球、グアムのものはどこにも見つけることができないほど、アメリカ人にとっては「小さな存在」でしかないかもしれません。


このようなアメリカと琉球人、チャモロ人は相手にして、同じ人間としての権利を求めているということを、改めて実感しました。私は膨大なコレクション、広大なミュジアムを圧倒されることなく、淡々として作品や遺物を見たり、来場者の顔や話す内容を観察しました。

セントラルパークも広大で、動物園があり、市民が楽しく憩い、何もかもが琉球の小さな公園とは違います。


しかし、琉球やグアムの島には、大陸にはない、それぞれのよさがあります。辺境意識をもつことなく、対等な人類の一人として、琉球人として国連で発言し、活動をしたいと思います。

また、私が日ごろから「アメリカ」と言ったり、考えている、その実態、本質を短い滞在中に、五感を通してで把握したいです。
スポンサーサイト



<< 国連、ニューヨークを歩く | ホーム | いまニューヨークにいます >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP