FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

国連、ニューヨークを歩く

私が泊まっているホテルの近くに国連本部があります。昨日は国連のツアーに参加しました。アメリカの子供たち、観光客がセキュリティーを通って中に入りました。職員の方から、国連総会会議室の後ろにある席で国連の活動をについて話を聞きました。大きい国であろうが小さな国であろうが、各国が持つ一票は同じであるという原則があります。

地雷撤去活動、人権擁護運動、反核平和運動、人間の安全保障など、いろいろな側面から国連の活動を学びました。

その後、国連の活動を示したパネル、資料を見ながら説明を受けました。最後に国連の書籍、お土産品点で本を買い、カフェテリアでランチを食べました。

建物の中は古く、屋根の一部ははがれているところもありました。現在、大規模な改修工事がおこなれています。ニューヨークの他の豪華な建物を見慣れていると、国連の建物は質素にみえます。

職員の方が、現在の国連事務総長のバンさんの再任が決まり、後5年間、職務につくと伝えてくれました。拒否権をもつ五大国に対してどのように総長として主導力を発揮するのかが、今後問われてくるでしょう。

ニューヨークを歩いていると、金持ちそうな人、トップモデルのような人、ビジネスマン・ウーマンが颯爽とあるいている姿を目にしますが、路上生活者の方もしばしば見ました。メッセージを書いたダンボールの前に空き缶をおき、お金を求めていました。公立図書館や公園にに大きな荷物をもった人たちが座っていました。空き缶やバケツを利用して音楽を披露することでお金を得ようとしている人も目にしました。

ニューヨークは以前に比べて犯罪は少なくなったそうですが、今でも違法薬物の売買がおこなれれている場所がところどころにあります。私も移動の途中、そのような場所を歩きましたが、ニューヨークの5番街ではまるで違う世界がそこにはありした。

アメリカンスタンダード、市場原理主義の本場中の本場であるニューヨークの現実をしっかりと目に焼き付けました。

夕方、市内でチャモロ人の方々とお会いし、今日の国連での活動について打ち合わせをしました。リサさん以外ははじめての方ですが、皆さん、グアムの脱植民地化、脱基地化を真剣に考えているかたがです。グアム政府の脱植民地化委員会のエドワード・アルバレス委員長は小さいころ、沖縄島の大謝名にすんでおり、近所の琉球人から魚をもらったしたなど、懐かしそうに琉球の思い出を話してくれました。
スポンサーサイト



<< 国連脱植民地化特別委員会への参加 | ホーム | アメリカとは何か >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP