FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

国連脱植民地化特別委員会への参加

昨日は、国連脱植民地特別委員会にグアム政府代表団の一人として参加しました。参加前から、ホープ・クリストバルさん、リサ・ナティビダッドさんには大変お世話になり、ニューヨークにきてからは他の参加者の皆さんに励まされ、いろいろと教えられています。

スペイン、アメリカによる約400年の植民地支配から脱したいという、グアムの先住民族チャモロ人の熱い心に接することができました。グアムからはカルボ知事の声明が、知事の娘さんによって読み上げられました。特に太平洋戦争中の日本軍によるチャモロ人に対する残虐行為、戦時賠償がいまだになされていないことは知っていましたが、改めて国連の場で主張されており、非常に心に残りました。

グアム政府脱植民地化委員会のアルバレス事務局長も、米国の植民地支配を国内外のメディアに訴え、米国を国際司法裁判所に提訴する可能性を示しました。

グアム大学講師であり、平和と正義を求めるグアム人連合会長であるリサ・ナティビダッドさんは、琉球からの海兵隊移転にともなう基地拡張がグアム人の健康に与える影響について述べ、近い将来行われる予定のグアムの政治的な地位を決める住民投票に対する支援を国連に要求しました。

次に私が、グアムと琉球・沖縄の植民地過程の共通性、琉球の軍事基地問題の深刻さ、グアムと琉球と基地建設や軍隊の移動がパッケージ化されており、双方が協力して抵抗することの重要性について指摘しました。

最後に心理療法士のリサ・バザさんが、植民地化によるチャモロ人に対する心の面での問題性についてのべ、最後に沖縄のことについても言及してくださいました。

これまでグアムからはNGO関係者がこの委員会に参加していましたが、グアム政府として参加するのは8年ぶりだとのことです。それだけグアム政府は現在の植民地状況に怒っており、国際社会に知事自ら声を上げています。

沖縄県知事も近い将来、この会議に参加し、脱基地化、脱植民地化をグアムとともに主張すべきではないかと思います。

私は10年前に、沖縄タイムスの与那嶺功記者の紹介で、同紙にグアムへの海兵隊移転に反対する連載論考を寄稿し、グアムと琉球との連携の必要性について書かせてもらいました。

今回、チャモロ人のご理解とご協力で、両者の協力関係ができました。今後とも、両者のゆいまーる関係(相互扶助関係)を強めるための社会活動、研究・教育活動を続けていきたいと思います。
スポンサーサイト



<< 国連脱植民地化特別委員会の記事 | ホーム | 国連、ニューヨークを歩く >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP