FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

発見された近代沖縄の新聞

『琉球新報』2007年12月12日に、私が『植物標本より得られた近代沖縄の新聞』(沖縄県教育委員会、2007年)を読んで書いた小論「発見された近代沖縄の新聞」が掲載されましたので、ご紹介します。


戦前の沖縄で発行された新聞の多くは沖縄戦で消失してしまった。最近、植物標本をはさむために使われた新聞が大量に発見された。

1920年から25年にかけて県立第一中学の教諭として在任した坂口總一郎氏が植物標本として使用した新聞は、沖縄の近代史を明らかにする上で貴重な一次資料となろう。

『植物標本より得られた近代沖縄の新聞』は坂口氏所蔵の新聞のほか、京都大学総合博物館や京都大学植物学教室所蔵の新聞のコピーを集めた資料集である。新聞記事だけでなく広告を読むことで、時代状況を学ぶことができよう。

本稿では国内外への出稼ぎ関係の広告、経済関係の記事を紹介したい。なお原文の旧漢字、旧仮名遣いを適宜新漢字、新仮名遣いに改め、適宜、句読点を打った。

「ラサ島行労働者募集一、募集人員二百名 一、契約期日二ヵ年、一、労役種類 採掘夫、舩夫、トロ押其他雑夫一、収入賃金 食費宿舎費会社持、最低一ヶ月三十円以上、最高一ヶ月八十円以上本人ノ働キ次第ニ依ル一、

往復旅費 会社持 目下本県人千三百名在島シ毎月郷里ニ送金スル金額実ニ三万円以上ニ達シ居レリ本県ニトリテ好財源地ラサ島(沖大東島)ノ位置ハ沖縄本島ヨリ東南約二百四十里ノ洋中ニ存在スル一大宝庫

 過燐酸肥料ノ原料タル燐鉱石ヲ産出スル島ニテ那覇港ヨリ僅カ一昼夜ニテ到着ガ出来マス 殊ニ在郷軍人ヲ歓迎シ目下在郷軍人ラサ島分会ノ設置アリテ会員三百余名ニ達セリ

 体格検査ニ合格ノ上ハ出発ノ準備金ヲ前貸致シマス ラサ島燐鉱株式会社代理店」(沖縄朝日新聞1920年5月6日)

賃金面では優遇されているが、過酷な労働環境であったと思われる。退役軍人の再雇用先でもあり、送金が県経済の疲弊を緩和していたことがわかる。

「南洋サイパン行 男五百名募集夫婦者モデキマス門司ヨリ船賃貸上マス 日給一円ニ拾銭」(沖縄タイムス1923年10月11日)

「宝の国へ行く人の為に 弊店はヒリツピンン(フィリッピン)・ペルー・アルゼンチン・ブラジル行各位の為に 大和屋高等洋服店」(沖縄朝日新聞1927年8月30日)

沖縄の経済状況が悪化するとともに海外への移住者が増加した。日本の委任統治領であったミクロネシアの島々や東南アジア、南米等を「宝の国」と夢見ながら、多くの沖縄人が生活の糧を求めてわたったのである。

「富士瓦斯株式会社保土ヶ谷絹糸 一、保土ヶ谷工場ハ横浜市外ニアル日本第一ノ絹糸工場デアリマス、一、仕事ハ昼間丈ケデ且ツ塵埃ガ立タナイカラ衛生上害ガアリマセン、一、尋常卒業者デ年齢十四才以上二十才迄ノ方ヲ採用シマス」(沖縄タイムス1923年8月16日)

特に十代の若い女性たちが繊維工場で働くために本土に出稼ぎにでた。衛生上の問題がある工場が多かったことが「衛生上害ガアリマセン」という言葉から予想される。

 沖縄経済が悪化するに従い移民、出稼ぎ者が増加したが、沖縄経済に関する記事を次に引用したい。

「解剖される本県の経済疲弊 殺すも生かすも青木さん次第。沖縄県に取りては大事なお客さんだ。内務省財務課長田中廣太郎氏と入替わりに五月十七日大蔵省文書課長青木得三氏がやはり沖縄の経済調査の為め東京発沖縄に向う事になった。

今迄あまり問題にされてなかった沖縄も三銀行の破産状態が因をなして政府で重用視(ママ)するようになり、前の田中 青木両氏の調査報告をまって根本的対策を立てる事に決定しているのである。

つまり政府の低利資金を貸与する一方水産其他天然資源を利用する政府事業を起して、おもむろに救済して行くか或いはかかる生温るい対策は絶望として独立会計にするか。いずれにしても徹底的に沖縄を救済しようと云うのは争われない事実である。

だから先発の内務省田中財務課長、今出かけんとする青木大蔵文書課長の両氏は沖縄県で未だかつて迎えた事のない大事な大事な御客様と云わなければならぬ。殺すも生かすも両氏の報告次第で沖縄の運命は決定せられるのである。

 (中略)この大事の場合県民有志が又しても持病を発生させて功名争いや政党政派など云う私情を差しはさむようでは、沖縄県人はこのままに餓死する外はなく未来永劫救われる事はないと在京県人有志はヒヤヒヤしながら今度の経済問題に対しては挙県一致でありたいと切望している。」(沖縄朝日新聞 1925年5月23日)

日本政府の官僚による沖縄調査、それに基づく経済政策に大きな期待が寄せられ、「両氏の報告次第で沖縄の運命は決定せられる」とまで言い切っている。現在の沖縄も振興開発に大きく依存している。

戦前の沖縄において日本政府に対する過大な期待がみられたが、それは結果的には失望へと終わった。

日本政府への過大な期待や依存では経済問題は解決されず、住民自身が自らの頭で考え実践するという地道な歩みの方が自立にとって重要であることを近代沖縄の新聞が教えてくれる。

スポンサーサイト



<< 「ぶんご」出動の意味/沖縄にだけ「治安出動」:軍が結びつける沖縄支配 | ホーム | 仲井真政権の政治スタンスを問う >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP