FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

グアムと沖縄 今も植民地

昨日、夜遅く、自宅に着きました。成田に飛行機が着陸するとき強風により、機体が上下に大きく揺れ、一度車輪が滑走路に接触しましたが、もう一度、上昇しました。二回目の着陸の際にも機体が大きく揺れましたが、着陸に成功したものの機体が揺れ続けていました。そのようなハプニングもありましたが、無事、家に帰りつきました。

これから体力を回復して、次の行動と研究と深めて、今回の意義を次につなげたいです。


朝日新聞の滋賀版に新聞記事の完全版が掲載されていましたので、お伝えします。




国連本部で21日に開かれた脱植民地化特別委員会で、沖縄県出身の松島泰勝・龍谷大教授(48)が、グアム政府代表団の一員として異例の演説をした。「グアムと沖縄は今も植民地。地域のあり方や行く末を決めるのは住民ではなく本土政府だ」と訴えた。


 沖縄県出身者がグアム政府代表に加わるのは、今回が初めて。松島さんが今年2月、学生を連れてグアムを訪れた際に、NGO代表でグアム大講師のリサ・ナティビダッドさん(40)と米軍基地問題について意見交換したのがきっかけで、グアム政府から代表団入りを求められた。


 グアム政府代表団5人のうち4番目に発言した松島さんは「沖縄の人々は米軍基地の撤去を求めているのに、日米両政府は一方的に押しつけている。グアムの人々も、これ以上の基地負担を望んでいない。沖縄とグアムは軍事的にも政治的にも経済的にも植民地で、兄弟姉妹の関係だ」と述べ、沖縄だけでなくグアムの米軍基地負担も軽減させるため、日米両政府へ圧力をかけるよう国際社会に求めた。

グアム政府の脱植民地化委員会事務局長のエドワード・アルバレスさん(50)は「グアムと沖縄の連帯を世界に示せた」と評価する。松島さんは「グアムと沖縄が分断されて傷つけ合うのではなく、互いに支え合う関係を築きたい」と話した。

グアムと非自治地域:マリアナ諸島最大の島(549平方キロ)で、人口18万人。先住民チャモロがいたが、16世紀にスペインが領有を宣言、19世紀末に米植民地に。第2次世界大戦中は日本軍が占領。戦後、植民地的な地位の「非自治地域」と国連が認定。72年から米下院に代表を送れるようになったが、本会議での投票権をもたない「準議員」。住民も米市民権はあるが、大統領選の投票権はない。

(ニューヨーク=春日芳晃)
スポンサーサイト



<< 国連文書への記載1 | ホーム | 国連脱植民地化特別委員会の記事 >>


コメント

苦難を乗り越え、新たなる仲間意識を育む

琉球も、新境地を切り開き、相互理解を深めた強い絆で結ばれた友情を、世界の人々と築いて行きましょう!

変化なしの自然界も存在しない事と同様、歴史は、ある地点で、留まる事などは、ありえない。

したたかに、星の様に急がず、ウチナーンチュらしく、堂々と、前進していければ、先人の苦闘に報いる事が、出来る。



〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP