FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

石巻、七ヶ浜でのボランティア活動で学んだこと

昨日、龍谷大学の学生、教職員24人、京都に戻りました。身体的、精神的に非常にハードなボランティア活動でしたが、それ以上に、学んだことも多く、参加者の今後の生き方に大きな影響を与える機会であったと思います。

石巻の旭町では、側溝の泥出しをしました。蒸し暑い中で、側溝の重いふたをとり、中にたまった悪臭を放つ泥を袋に詰めて一か所に集めるという仕事をしました。私も体中から汗がでて、全身びしょぬれになりました。昼ごはんの休憩のとき、被災者の方から豆腐、飲み物を頂戴しました。また被災されたかた6人の方から、地震の時の話を伺いました。

旭町でも7人の方が犠牲になったそうです。そのような悲しみ現実、厳しい現実の話を静かに学生さんたちは聞いていました。3月11日から今日までの被災者の方々の苦しみの日々を思いました。被災者の方々が、私たちのようなボランティアが来てくれることが、心の励みになると言って下さったことに、「来させてもらってよかった」と思いました。

次の日は七ヶ浜町の方に行き、津波で全壊された個人宅の「瓦礫」を片付けさせていただきました。片づけている中で、写真、アルバムなど生活にかかわるものが見つかり、一つの場所に集めました。全壊されたお宅に住まわれていた方と話をしました。「本当に七ヶ浜という場所が好き」という言葉がわすられません。14メートルの津波が地域を襲い、多くの住宅がながされてしまいました。非常につらく、悔しかったと思います。そのような中でも七ヶ浜の復興を目指していらっしゃる被災者の方にかえってこちら側が励まされました。私たちボランティアと握手し、涙を流して「こんなにきれになって、ありがとうございました。がんばります。また復興した七ヶ浜町に来て下さい」と仰って下さいました。バスで帰っていく私たちを最後まで見送って下さいました。

非常に困難な状況のなかでも決して希望を失わない姿に、その方の尊さ、強さを感じました。

被災者の方々との心と心の交流を通じて、人間とはなにか、地域とはなにか、人と人とのつながりとはなにか、支援とはなにか、自治とはなにかなど、多くのことを考えさせていただきました。

人が生きていくうえで人と人とのつながりがとても大切であることを、あらためて実感しました。
スポンサーサイト



<< 京都府内にて民際学的フィールドワークの実施 | ホーム | 今日から被災地・宮城県石巻市、七ヶ浜町に行き、ボランティア活動をさせていただきます >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP