FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「ぶんご」出動の意味/沖縄にだけ「治安出動」:軍が結びつける沖縄支配

『一坪反戦通信』187号=6月28日号、2007年に「「ぶんご」出動の意味/沖縄にだけ「治安出動」:軍が結びつける沖縄支配」と題する小論が掲載されましたので、ご紹介します。


 キャンプ・シュワーブ沿岸での環境現況事前調査に、海上自衛隊の掃海母艦「ぶんご」が出動し、海上自衛隊員が調査機器の設置作業を行った。

いわば自衛隊は米軍基地建設の露払いをし、米国の傭兵と化したといえる。自衛隊が出動した本質的な意味は、環境影響調査という技術的なものではない。

辺野古の新基地を建設するという国家意思が自衛隊出動を通じて示されたことにある。自衛隊が住民に対し脅威の存在であることが改めて明らかになった。

沖縄戦において日本軍は住民を虐殺し、戦闘への参加を強制し、「集団自決」に追い込むなど、住民を守らなかった。

このような教訓が住民の生活に今も生きている島において、日本政府はあえて軍隊の導入を決行したのである。

 自衛隊は日本国民を守る軍隊であると法的に位置付けられてきた。しかし実際、自衛隊は沖縄の住民を守らず、かえって脅威を与え、基地を押し付ける存在となった。

沖縄の住民は日本国民ではないことを日本政府が示したのではないか。他の都道府県において、自衛隊は今回のような「治安出動」をしたことはないだろう。

日本政府は国土の0.6%の島に基地の75%を押し付けるという沖縄差別を続けている。今回、この沖縄差別を自衛隊という国の権力装置を用いて固定化したといえる。

沖縄からグァムに海兵隊が移設されることで、沖縄の負担は軽減されると喧伝されているが、実際はそうではない。

辺野古への新基地建設、自衛隊と米軍との戦闘協力関係の深化によって沖縄の基地はさらに軍事的重要性が増し、住民の負担はより一層、重くなるだけである。
それに加えて、安部首相は日米同盟に基づく集団的自衛権を法的に実現しようとしている。

集団的自衛権の行使によって米軍と自衛隊とは一身胴体の関係となる。米軍が世界各地に出動した場合、自衛隊も武器、弾薬をもって出動し、戦うことができる体制が整備されつつある。

沖縄は日米両軍共同部隊の有力な出撃基地となり、戦争に巻き込まれる可能性が高まった。

辺野古の米軍基地建設の過程において自衛隊が出動したことは、日米両軍の連携関係の深まりを暗示するものであった。

これまで沖縄における基地問題は主に米軍を巡って発生していた。しかし今後は日米両軍が一体化するなかで、自衛隊による基地の利用が頻繁になり、自衛隊が軍隊としての性格を露にすることで基地被害はより深刻化するだろう。

沖縄には基地に関連した振興策として、IT・金融特区関連施設、国立工業高等専門学校が設立され、これから大学院大学が開設される。

日本政府はこれらの産業と学問に軍隊が強力に結びつける形で沖縄支配を確立しようとしている。沖縄支配と差別の連鎖を断ち切るためにも、今回の自衛隊導入がもつ意味の重大さをもう一度考える必要があろう。

スポンサーサイト



<< 今日から沖縄島、伊江島へ | ホーム | 発見された近代沖縄の新聞 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP