FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

国連脱植民地化特別委員会についての報道:沖縄タイムス

昨日の沖縄タイムスに国連での活動についての記事が掲載されていましたので、ご紹介します。





20110712_0935_aa1FpPSY_r[1]
この写真には写っていませんが、国連で報告したグアム政府代表として、グアム政府脱植民地化委員会委員長のエドワード・アルバレスさんがおられます。エドワードさんは幼少時、琉球に住み、琉球人と親しく交流したことを私に懐かしく話してくれました。



米国ニューヨークの国連本部で6月に開かれた脱植民地化特別委員会で、石垣市出身で龍谷大(京都市)教授の松島泰勝さん(48)が、グアム政府代表団のメンバーとして意見発表した。松島さんによると、県出身者がグアム政府代表として発言したのは初めてで「グアムと沖縄は政治的にも経済的にも支配された植民地だ。軍事政策は日米両政府によって決められ、住民たちの声は届かない」などと訴えた。

 代表団に加わったのは、今年2月に学生と一緒にグアムを訪れた際、グアム大講師で、NGO「平和と正義を求めるグアム人連合」代表のリサ・ナティビダッドさん(40)と米軍基地問題などについて議論したのが縁だという。

 松島さんはかつて、グアムにある日本総領事館の専門調査員として2年勤務した経験があり、異民族支配や基地被害に苦しんできた沖縄とグアムの歴史的な類似性を指摘した。在沖米海兵隊のグアム移転計画について「グアムでさらなる人権問題を引き起こす」と反対の立場を強調し、「グアムと沖縄は島の軍事化を阻止するため、連携すべきだ」と呼び掛けた。 

 同特別委は29の国連加盟国で構成され、植民地的な地位を意味する「非自治地域」と、国連が認めたグアムやニューカレドニア、フォークランド諸島など16地域から、現状を聞き取り、その改善につなげることなどを目的に設置されている。松島さんは「沖縄も非自治地域に加わるべきだ。国連の場で、国際社会に対し継続して訴えていくことで、日米両政府への圧力につながる」と提起した。

スポンサーサイト



<< Shinakosan is Okinawanを読んで下さい | ホーム | 仲井真知事も国連に行って琉球の差別状況を世界にアピールすべきではないか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP