FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Shinakosan is Okinawanを読んで下さい

shinakosanのブログを読んで下さい。ワッタールーチューの国連での活動も紹介されています。


http://shinakosan.ti-da.net/


「脱植民地化+脱軍事化+自己決定権=リアルオキナワ!」についての論考、情報がたくさんあり、教えられます。


ハワイ、グアムでの学び、生活を踏まえて、これからの琉球の脱植民地化、脱軍事化を進展させ、自己決定権運動を導く、しなやかで力強い琉球人の一人です。


ワッタールーチューの仲間であり、グアムのリサさんやホープさんの友達でもあります。若い琉球人がどんどん琉球の国内外で活躍されることを願っています。




スポンサーサイト



<< 東日本大震災ボランティア報告会 | ホーム | 国連脱植民地化特別委員会についての報道:沖縄タイムス >>


コメント

沖縄人の率直な思い

沖縄タイムスの元旦の社説「国際世論を動かす時だ」に関連して次のようなコメントを投稿しました。恐縮ですが、転載させてください。
             記
こんなことを発言すると必ず返ってくる言葉は”お前は日本人か?” ”お前は親中国だ” 或いは”非国民”といった問答無用型のものになります。しかし、敢えて言えば、貴紙の社説で曖昧になっている部分はやはり
「尖閣の領有権の帰属先はどこか」
「世界のあらゆる民族に本来ある民族自決権が現在の沖縄人の精神性にどう位置づけられるのか」
という二点に集約されると思います。それらのテーマに対して明確で正しい理解と認識と自覚がないと米国や中国や日本の国際関係のロジックと欺瞞に押し流されてしまうのは必定でありましょう。

尖閣の領有権については残念ながら中国の主張に理があると国際的には受けとめられているようです。野田政権は薮蛇の愚昧な政策を実施したということになりましょう。従って、尖閣をめぐって争いが起こった場合、日本から侵略された深刻な経験をさせられ未だ正式の謝罪を受けていない中国人の士気は異常に高くなっていくことは避けられません。

一方、民族自決権という言葉は最近あまり使われなくなっています。しかし、この権利は今も尚重要なコンセプトであることに間違いありません。沖縄人に民族自決権が固より帰属していることを改めてしっかり自覚しなければならないと思うのです。あたかも平和憲法下の日本であっても自衛権を否定されることはないという理屈と同じ理屈です。

そういった理解と認識と自覚をしっかり胸に抱いて
1.沖縄人の恒久の利益とは何か?
2.基地問題にどう取り組むべきか?
3.尖閣問題にどう取り組むべきか?
といった問いかけに関して沖縄人の率直な思いを言葉にして米国、中国、日本に向けて早急に発信すべきであると思うのです。

Re: 沖縄人の率直な思い

コメント感謝します.琉球人が民族自決権を持っており、その事実をもとにして世界に対して琉球人の主張をしていくというお考えに同意致します。
ブログ、FBでご紹介させていただきます。

> 沖縄タイムスの元旦の社説「国際世論を動かす時だ」に関連して次のようなコメントを投稿しました。恐縮ですが、転載させてください。
>              記
> こんなことを発言すると必ず返ってくる言葉は”お前は日本人か?” ”お前は親中国だ” 或いは”非国民”といった問答無用型のものになります。しかし、敢えて言えば、貴紙の社説で曖昧になっている部分はやはり
> 「尖閣の領有権の帰属先はどこか」
> 「世界のあらゆる民族に本来ある民族自決権が現在の沖縄人の精神性にどう位置づけられるのか」
> という二点に集約されると思います。それらのテーマに対して明確で正しい理解と認識と自覚がないと米国や中国や日本の国際関係のロジックと欺瞞に押し流されてしまうのは必定でありましょう。
>
> 尖閣の領有権については残念ながら中国の主張に理があると国際的には受けとめられているようです。野田政権は薮蛇の愚昧な政策を実施したということになりましょう。従って、尖閣をめぐって争いが起こった場合、日本から侵略された深刻な経験をさせられ未だ正式の謝罪を受けていない中国人の士気は異常に高くなっていくことは避けられません。
>
> 一方、民族自決権という言葉は最近あまり使われなくなっています。しかし、この権利は今も尚重要なコンセプトであることに間違いありません。沖縄人に民族自決権が固より帰属していることを改めてしっかり自覚しなければならないと思うのです。あたかも平和憲法下の日本であっても自衛権を否定されることはないという理屈と同じ理屈です。
>
> そういった理解と認識と自覚をしっかり胸に抱いて
> 1.沖縄人の恒久の利益とは何か?
> 2.基地問題にどう取り組むべきか?
> 3.尖閣問題にどう取り組むべきか?
> といった問いかけに関して沖縄人の率直な思いを言葉にして米国、中国、日本に向けて早急に発信すべきであると思うのです。

カナダの教訓

昨日、孫崎享氏の「カナダの教訓」を読みました。そこに書かれているのは超強大国の米国にカナダの歴代の首相が自分らの国が呑み込まれないようにするために考えられる全ての戦略と戦術を駆使して奮闘する姿です。著者は米国を怒らせてはいけないということを最優先してきた日本の政府に、今まではそれでも良かったかもしれないが、これからはそういうことではいけないという警鐘を鳴らしているのです。
しかし、私は読み進んでいるうちにこの本が含意することは単に日本の政府に対する忠告だけではなく沖縄の人々、沖縄の為政者に向けてのメッセージでもあると思いました。この本には強大な経済力でプレッシャーをかけてくる中央政府に対して沖縄の人々と為政者がどんな哲学を持つべきか、どう立ち向かうか、そのための手段は何か等等について多くの示唆やヒントがあるように思います。是非、目を通していただきたい本です。

Re: カナダの教訓

いつも貴重なご意見、感謝します。他の皆さんともシェア―します。


> 昨日、孫崎享氏の「カナダの教訓」を読みました。そこに書かれているのは超強大国の米国にカナダの歴代の首相が自分らの国が呑み込まれないようにするために考えられる全ての戦略と戦術を駆使して奮闘する姿です。著者は米国を怒らせてはいけないということを最優先してきた日本の政府に、今まではそれでも良かったかもしれないが、これからはそういうことではいけないという警鐘を鳴らしているのです。
> しかし、私は読み進んでいるうちにこの本が含意することは単に日本の政府に対する忠告だけではなく沖縄の人々、沖縄の為政者に向けてのメッセージでもあると思いました。この本には強大な経済力でプレッシャーをかけてくる中央政府に対して沖縄の人々と為政者がどんな哲学を持つべきか、どう立ち向かうか、そのための手段は何か等等について多くの示唆やヒントがあるように思います。是非、目を通していただきたい本です。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP