FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

経済・物的資源よりも、自然・人間関係資源の豊かさを目指して

7月10日の南海日日新聞の記事です。

島にとっての本当の豊かさ「ゆいまーる」を考える集いが徳之島で行われました。




「農村」「農業」「地域」をキーワードに日本の未来を考える第17回「全国農村交流ネット21の集い」(同ネット主催)が9日、伊仙町のほーらい館であった。徳之島での開催は初めてで、島内外の農家や加工物生産者など約100人が参加。リレー講演やフリーディスカッションがあり、農村環境を生かした地域の在り方や今後の地域振興について意見交換した。

 全国農村交流ネット21は、農村や農業環境などについて地域や分野を越えて交流、年に1度の「集い」で情報交換や研修を行う組織。毎回、農家や農産物加工業、飲食業、行政、教育機関などの関係者や学生、就農希望者らが参加している。

 本年度は「日本の潮目が変わった―経済・物的資源よりも、自然・人間関係資源の豊かさを目指して」をテーマに開いた。

 午前中の基調講演では熊本大学文学部の徳野貞雄教授が「戦後の日本は金銭的には豊かになったはずだが、若年層を中心に、ものすごく不安が渦巻いている」と述べ、高齢化と人口減が進む中で、若者らが将来に不安を抱えている現状」を指摘した。その上で、高齢者が元気に生活を送ることができる地方や農村部の優位性を強調。長寿の島として、徳之島もこうした面を認識し、地域が持つ「豊かさ」を資源として発信していくよう助言した。

 続いてリレー講演があり、伊仙町で果樹生産を手掛ける福留ケイ子さん、伊仙町経済課の松岡由紀主事、コーヒー農家の吉玉誠一さん、大久保明伊仙町長がそれぞれの立場から発表した。

 「自分を変える」と題して発表した福留さんは、結婚を機会に未知の分野だった農業の世界に飛び込み、サトウキビから果樹栽培への転向など、これまでの経験を振り返るとともに、挑戦する尊さを訴えた。

 午後の分科会は、午前中のリレー講演に沿って4項目のテーマで討論。続いてあったフリーディスカッションは徳野教授が進行を務め、島外の農家や加工品生産者、地域おこしアドバイザーらが意見交換した。
スポンサーサイト



<< 赤土は島を育む財産 | ホーム | 与那国島の闘い >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP