FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

赤土は島を育む財産

5月24日の南海日日新聞の記事をご紹介します。

「赤土汚染」によるサンゴ礁の破壊といって、赤土を悪者にしがちですが、赤土は島の財産です。赤土によってこれまで琉球で人々が生きていくことができたのですから。開発によって赤土が海に流れ出したのであり、現在の人間、開発事業者・行政側に問題があります。島の財産である赤土とどのように島の人間が生きていくかが問われています。



 沖永良部地域赤土等流出防止対策連絡協議会(会長・藤田浩一県沖永良部事務所長)の2011年度総会が23日、和泊町の県沖永良部事務所別館であった。本年度も引き続き雨天時パトロールや啓発活動などを実施し、農家や工事施工業者らの意識高揚に努める。

 同協議会は同事務所、知名・和泊両町担当課、漁協、JA、土地改良区、建設業協会などで構成する。

 藤田会長は「赤土は島を育む貴重な財産。大切な宝を失うことの無いよう引き続き協力を」とあいさつした。各団体が10年度の活動実績、11年度活動計画を報告した。

 本年度ものぼり旗や防災行政無線による啓発、巡回パトロール、裸地化防止のための緑肥栽培促進、工事施工者への指導などを展開。秋に奄美地域の講習会が沖永良部島で開催される。

 意見交換では発足当初に比べ農家の肥料管理の徹底が図られてきたという意見が出た一方、農地所有者の理解を得られず改善が進まない地域があるとの指摘も。「土は宝だと地道に啓発し意識を変えていくしかない」として継続的な活動の展開を申し合わせた。
スポンサーサイト



<< グローバル化を超えて 脱成長期日本の選択 | ホーム | 経済・物的資源よりも、自然・人間関係資源の豊かさを目指して >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP