FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

グローバル化を超えて 脱成長期日本の選択

大学の恩師である西川先生からご本を頂戴しました。
非常に示唆的な内容のご著書です。刺激的であり、今後の琉球を考える上でも参考になりますので、お読みください。




内容紹介
グローバル化が進む一方で、開発主義・成長神話の見直しが始まっている。人間本位の豊かさを実感できる経済社会をどう構築すればいいのか。開発経済学の泰斗がポスト・グローバル化時代のビジョンを示す。
内容(「BOOK」データベースより)

3・11東日本大震災は、1つの成長優先文明の終わりを告示した。私たちは、豊かさとは何か、貧困とは何か、幸福とは何か、を真剣に再考する時期にある。グローバル化の無批判的な受容からポスト・グローバル化の時代へ、モノ優先から生きがい重視の幸福社会へ。世界と日本の具体的な実例から、移行の展望を描き出す。
商品の説明をすべて表示する

--------------------------------------------------------------------------------
登録情報
単行本: 431ページ
出版社: 日本経済新聞出版社 (2011/6/23)

目次

第1部 ポスト・グローバル化期の世界と日本(世界秩序は変わり始めた
幸福をどう手に入れるか?—幸福度の測り方
現代の貧困—どうなくすのか?)

第2部 市民社会が世界を動かす(市民社会とは何か?—グローバルとアジア
連帯経済の発達
アジアの連帯経済)

第3部 脱成長時代の経済学(脱成長・共生の社会へのいざない
都市化の行く手と都市再生—グローバル期からポスト・グローバル化期へ
環境保全から環境創造へ—コミュニティの役割
女性のエンパワーメント—システム転換の可能性
ポスト・グローバル化世界の展望—内発的発展と共生社会)



著者情報

西川 潤
経済学者。早稲田大学名誉教授(2007~)。国際開発学会会長(2008~)。早稲田大学政経学部で38年間、経済学史、次いで開発経済学を教え、1997年に早稲田大学理事として、最初の独立大学院のアジア太平洋研究科を発足させた。この間、ODA、経済協力、男女共同参画等政府関係の審議会、委員会の委員、また国連開発計画「人間開発報告」諮問委員を務める。社会発展フォーラムや日本連帯経済フォーラム等NGO活動にも関わり、1995年世界社会開発サミットの際には、日本政府代表団に最初のNGO代表として参加した

スポンサーサイト



<< 瑞慶覧 長敏議員と会いました | ホーム | 赤土は島を育む財産 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP