FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

瑞慶覧 長敏議員と会いました

昨日、衆議院議員会館で瑞慶覧 長敏議員と会いました。

議員と会うのは5年ぶりです。久高島でゆいまーるの集いをしたときに、県議の上里さんとともに参加してくださいました。そのときはまだ議員ではありませんでしたが、自治について強く語ってくださいました。
私は特定の政党を支持しているわけではありませんが、人と人との縁を大切にしています。

琉球の脱植民地化、脱基地化のための国連での活動が大切であることを訴えるとともに、国会において「琉球処分」、「復帰」について日本政府がどのように考えているのか、「復帰」は琉球の自決権が行使されたといえるのかなどについて質問をするように求めました。

議員は与那国島への自衛隊配備にも強く反対しています。

上里さんにも県議会で国連脱植民地化特別委員会の非自治地域リストに琉球が記載されるよう、県議会としても動いてほしいと求めました。

瑞慶覧議員の応接室に「沖縄独立の精神」と書かれた紙が壁に貼られており、大変、印象に残りました。

これらの政治的課題を議員が実現するよう、注意深く見守りたいと思います。
スポンサーサイト



<< 西川潤先生、ゼミ同窓生に会いました | ホーム | グローバル化を超えて 脱成長期日本の選択 >>


コメント

我々ウチナーンチュ一人一人が、偉大なる精神革命を起こさなければならない!

他力本願に依らない精神の、そして、魂の革命による内面からの根源的自主自立の時が、やって来たのです。

制度に依らず、政治家ばかりをあてにしない、愛する地場地元に根差した文化主導型の琉球人らしい自尊心を養う社会を目指しましょう!!

先ずは、自分達自身の内輪意識や狭い了見を払拭して行きましょう!

現在の一人一人のウチナーンチュを覆っている暗雲晴れれば、沖縄の青空の様な青々とした空が広がっていくハズです。



〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP