FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「奄美」とは何か

『機』2008年1月No.191に拙論「 「奄美」とは何か」が掲載されましたので、ご紹介します。


 2007年11月17日から19日まで奄美大島宇検村にある平田(へだ)公民館において、第二回目の「ゆいまーる琉球の自治の集い」が開かれた。

平田は奄美大島の中心地である名瀬から車に乗って約2時間半はかかり、「行きやすくて便利な」場所とはいえない。しかしそこには自治を生きる人々の姿があった。

今回の集いは南北に分断された琉球の島々を繋ぐ一つの試みでもある。1609年、島津藩が琉球国を侵略して以来、現在に至るまで琉球文化圏を構成する北琉球(奄美諸島)と、南琉球(沖縄諸島、宮古諸島、八重山諸島)が行政的に分け隔てられ、社会生活、住民の意識等において日本本土化が進むようになった。

しかし、短い間ではあったが、島の空気を吸い、琉球人同士が互いの顔を見て息遣いを感じ、意見を交換し酒を飲みあうことで琉球文化圏の根っ子の部分に触れることができたと思う。

全面積の約90%が山間部で占められる宇検村は、焼内湾を抱くような形をした村である。1973年、東亜燃料工業は焼内湾の出口に浮かぶ枝手久島にCTS(石油備蓄基地)を建設する計画を示した。

その後、建設に反対する「枝手久闘争」が展開され、84年に同計画は撤回された。昨年、高レベル放射性廃棄物最終処分場建設の説明会が宇検村で開かれたが、それに反対する国馬和範氏が村長に当選した。

奄美大島という「離島」のさらに「辺境」にある宇検村は、近代化を謳歌する都市の「ゴミ捨て場」として狙われてきたのである。

17日夜に開かれた交流会で国馬村長は、「ゆいわく(相互扶助)に基づく村政を行なっている。財政は厳しいが今後10年は市町村合併を行なわない」と語った。村民は各自の畑で野菜や果物を栽培し、海で魚を獲り、焼内湾では真珠、マグロ、車海老の養殖を行っている。

住民が互いに出資してつくった共同売店もある。他方、CTSが建設された沖縄島の金武湾の島々では、経済学者や行政が約束したような経済発展は実現せず、海が破壊され漁業が衰退し、地域が疲弊してしまった。

奄美諸島全体でみると開発の傷跡は深いところまで及んでいる。1953年に「日本復帰」した奄美諸島では高率補助の振興開発(奄振)が実施されてきた。

開発によって島や海の生態系が大きく破壊されるだけでなく、復帰時の約20万人の人口は現在、約13万人に減少し、基幹産業であった大島紬産業も衰退した。南琉球も振興開発(沖振)によって環境が壊され、国への経済依存、従属が深まった。

奄振や沖振はともに失敗したのであり、琉球人は開発に期待してきた自らの過ちを反省し、「国に依存した経済自立策」を拒否して、固有の文化や自然という地域の宝を活かしながら互いに協力していく、ゆいわく、ゆいまーるに基づく自治の道を歩む時期にきていると考える。

平田の集いでは最初に、前利潔氏と向原祥隆氏が奄美諸島の歴史、新元博文氏が平田の自治について語った。

自ら開発行政に係ってきた花井恒三氏が「スロー自治」を提言し、長年、環境問題に取り組んできた薗博明氏はこのままでは奄振によって「島がなくなる」と訴えた。

次に奄振に頼らない自治を実践している30代の青年が語った。

前田守氏はインターネットを活用して奄美の特産物を島外に販売する事業を多くの島民を巻き込みながら進めており、麓憲吾氏は「内地のスタンダードに左右されず、奄美の価値観」に住民が目覚めるための拠点として地域FMを運営し、奄美から文化や情報を発信している。

これまでのような開発、「上からの分権化」では島はさらに衰退するだろう。一人でも多くの住民が「自治的自覚」をもって地域の難題に立ち向かうことによって、自治は磐石の根を張り、地域は文化的、精神的、政治的、経済的自立を実現することができよう。

スポンサーサイト



<< 金城馨さん等による「集団自決」聞き取り活動 | ホーム | 今日から沖縄島、伊江島へ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


「ゆいまーるに基づく自治の道」

 奄美と沖縄の共通の土俵で語る問題意識に親近感があって、松島さんの『NPO法人ゆ


 BLOG TOP