FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

エスペラント語の雑誌etnismoに「琉球自治共和国連邦独立宣言」が掲載されました

上智大学の教員をされている、木村護郎クリストフさんがエスペラント語の雑誌etnismoを送って下さいました。

2010年11月15日号です。同誌の12~14頁まで琉球自治共和国連邦独立宣言が木村さんがエスペラント語に翻訳したものが掲載され、また木村さんによる解説もついています。

広くエスペラント語を読み話す方々にも独立宣言や琉球の基地問題、差別問題、歴史、文化等を広く紹介して下さり、感謝申し上げます。

木村さんの私宛の手紙に次のような記述があります。
「アイヌ民族のことは知っていたが、琉球のことは知らなかったという反応があり、紹介してよかったと思いました」


ウェキペディアによると木村さんは次のような方です。

2002年、一橋大学大学院言語社会研究科博士課程修了の学術博士。2007年には、上智大学外国語学部ドイツ語学科准教授(上智大学では、社会言語学とドイツ語の授業を担当している)。また、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスでも言語動態論、多言語コミュニケーション実践とドイツ語を担当している。

極めて闊達なエスペランティストであり(かつては日本青年エスペラント連絡会{JEJ}の代表でもあった)、臼井裕之とともに、事実上日本に初めて「言語権」という概念を紹介した存在としても知られている。学位論文では、ドイツ東部の少数民族の言語であるソルブ語と、イギリスのコーンウォールのケルノウ語をとりあげてフィールド調査を伴った研究を行っている。

言語的近代を越えて (2004年、明石ライブラリ、共著、ISBN 978-4-7503-1970-4)
言語にとって「人為性」とはなにか:言語構築と言語イデオロギー:ケルノウ語・ソルブ語を事例として (2005年、三元社、ISBN 978-488303-153-5) - 学位論文を元にした書[1]
媒介言語論を学ぶ人のために (2009年、世界思想社、共著、ISBN 978-4-7907-1425-5)
スポンサーサイト



<< オスプレイの配備を警告してきた真喜志さん | ホーム | 不平等で、理不尽な事が起きている沖縄 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP