FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

金城馨さん等による「集団自決」聞き取り活動

昨年12月26日の琉球新報に、本NPO法人理事の金城馨さんに関する記事が掲載されていましたので、紹介します。


沖縄出身者が多く暮らす大阪市大正区で、住民らが「集団自決」など沖縄戦体験の証言を集めている。

聞き取りを行っているのは自宅で沖縄関連の本を集めた「関西沖縄文庫」を主宰する金城馨さん(54)と大阪大学大学院生の上地美和さん(32)、教師の伊敷清太郎さん(57)。

今年春に慶良間島出身の女性(78)の聞き取りを始め、現在は名護で沖縄戦を体験した女性(79)の体験を聞いている。今後もさらに区内の沖縄戦体験者を探し、記録作業を重ね、最終的には証言を冊子にまとめる予定だ。

「集団自決」の証言を語った慶良間島出身の女性は数年前、慶良間島の本を求めて同文庫を訪れ、「集団自決」の生存者であることを語り始めた。

女性は沖縄戦当時、十五歳だった。金城さんらに語った証言によると、米軍上陸で母と一緒に避難していた壕にほかの住民が来て、父が別の壕で「自決」したことを知らされた。

父の最期の言葉は「あの世で会おう。後からおいで」だったという。父の伝言を知った後、母親は壕の中で眠っていた女性の首をひもで絞めた。女性は死ななければならないと思っていたので抵抗しなかった。

気を失った娘を死んだと思った母は壕を出た。しかし女性は息を吹き返して壕を出て捕虜になった。

ほかの住民らから聞いた話では、母は米兵に「夫も死んだ。子どもも殺した。自分一人生きているわけにはいかない」と話し、自分を殺すように頼んで聞かず、射殺された。

女性は「監視兵に『日本人として恥ずかしくない態度をとりなさい』と命令を受けていたことを父から聞いた」「それは死ねという意味だった」と証言した。

隣の阿嘉島には、魚雷に乗って敵艦に体当たりする日本軍の海上挺身隊がいた。軍の支持は日常的に慶良間島にも伝えられた。


聞き取りをしていた金城さんらが女性に「住民は勝手に死んだと言う人もいる」と問い掛けると、女性は「ばかな、何を言うか」と語気を強め「軍がいなければこんなことはなかった」と怒りをあらわにしたという。

聞き取り作業中、女性は急に証言をやめることが度々あった。そのことを金城さんはこう推し量る。

座間味島の元戦隊長らが「自決命令はない」として岩波書店などを名誉棄損で訴えた裁判で、「集団自決」は「無理心中」と主張したことを挙げ「証言が受け止められなかった時、体験者は一人暗闇に突き落とされる。

特にこれまでヤマト社会で差別を受けてきた人が『集団自決』の体験を表にさらしてきちんと理解されるとは思えないのだと思う」と話し、大阪で暮してきた女性が証言をためらわざるを得ない心の揺れをおもんばかる。

「それでも証言してくれるのは同じ事を繰り返すなと伝えてくれているのかもしれない」と思う。

金城さんは「聞き取りはこれから戦争を容認しないよう自分自身を鍛えること」と自分に言い聞かせるように話し、聞き取り作業を重ねていく決意を示した。

スポンサーサイト



<< 多田治氏の「時評」に反論する | ホーム | 「奄美」とは何か >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP