FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

普天間基地における風船行動

昨日、普天間基地で行われた風船行動に対するカマドゥー小たちのつどいの呼び掛け文をご紹介します。

このような試みにより、基地を使えなくさせて、撤去させることができます。



はいたい。
 本日(8月9日)の琉球新報・沖縄タイムスにも報道されましたように、私たち「カマドゥー小たちの集い」は明日10日午前9時から午後3時まで、嘉数高台公園をはじめ、普天間基地の周りで、「ヘリ基地いらない二見以北十区の会」とともに、風船をあげることにしました。普天間爆音訴訟団も協賛しています。以下が、私たちの声明文です。

趣旨にご賛同くださる方は、どうぞご参加お願いします。一緒に(ご自宅ででも公園ででも)風船をあげて、「普天間の空・普天間の大地はわたしたちのもの」ということを確認しましょう。
                           カマドゥー小たちのつどい

■カマドゥー小たちのつどい より

 普天間の空・普天間の大地は わたしたちのもの!
風船あげよう

 わたしたち「カマドゥー小たちの集い」は、「基地は県外へ!」を要求して行動している女性たちの集まりです。このたび、次のように考え風船行動に取り組みます。

 1996年の日米両政府の普天間基地返還合意から15年経ちました。その間(それ以前はもちろんですが)沖縄県民は、数えきれないくらいのさまざまな取り組みをして「基地の県内移設」を不可能にしてきました。そして、基地の押しつけは沖縄県民に対する差別であると見抜き、「差別をやめろ」という声を大きくし、2010年には「県外移設」を公約する県知事をも誕生させました。

 しかし残念ながら、普天間基地の空や大地はまだ沖縄県民のもとに戻って来ていません。ヘリなどの軍用機が爆音を轟かせながら頭上を飛び交い、わたしたちを侮辱し、わたしたちの暮らしや命を脅かしています。その上さらに、2012年には非常に危険な垂直離着陸輸送機MVオスプレイを普天間基地に配備するというのです。黙ってはいられません。日米両政府は、わたしたち沖縄県民の尊厳、暮らしや命を守りません。それどころか、ますます危険を背負わせるようなことをする以上、わたしたちは、自分たちで自分たちや次の世代の子どもたちを守るための行動をするしかありません。

 以上のことを踏まえ、「わたしたちの命を危険にさらすな!」「この空や大地はわたしたちのものだ!」「基地は県外へ!」を意思表示するために、わたしたちは風船を揚げることにしました。

 沖縄県民のみなさん、宜野湾市民のみなさん、この趣旨に賛同なさる方はぜひ一緒に風船を揚げましょう。これはそもそも法的にも何ら規制をうけるものではありません。一緒に風船を揚げて、「ここはわたしたちの空だ!」と確認しましょう。

          記

1.日時:2011年8月10日(水)午前9時~午後3時ごろ   
(2004年8月13日米軍CH53Dヘリ墜落から7年目の夏)
2.場所:普天間基地周辺(宜野湾嘉数高台公園 他)
3.風船について

〇直径50~90cmの風船
〇20~40mのテグスをつなげ、揚げるだけで、飛ばさず固定します。
〇ヘリウムガスを入れます(環境に悪影響を与えません)。
〇終わったら回収します。
〇風船にサングヮーをつけます。

<<米軍関係者のみなさんへ>>
風船を揚げる行動は、あなた方を危険に陥れるためにするものではありません。

 逆にわたしたち沖縄県民にとって、あなた方のほうが危険です。わたしたちは自分たちの島であなた方によって、暮らしや命が脅かされ、屈辱を受けています。このことは、沖縄島の約20%もの土地を基地として占領しているあなた方には実はよくわかっているでしょう。

 沖縄県民はこのことを決して許してはいません。「土地を返せ」「わたしたちの人権を侵害するな。尊重せよ」とわたしたしはずっと粘り強く、さまざまな行動で訴えてきました。

あなた方が基地として占領している土地もすべて、琉球・沖縄人の祖先が暮らしを営んできた大切なところです。すぐに返しなさい。「日本の国内問題」として責任逃れをせずに、あなたがたのいう「民主主義」「人権の尊重」が口先だけではないことを証明してください。

 もし普天間基地の土地をわたしたちに返還するために移設が必要というなら、沖縄県内の辺野古や嘉手納でなく、またグアムでもなく、日本本土へ移しなさい。なぜなら、日本人(日本本土人)こそが、自分たちの土地を米軍に提供する日米安保条約を締結しておきながら、その義務をほとんど履行せず、勝手に沖縄の土地を差しだしてきたからです。

 繰り返しますが、あなた方を危険にさらすために、わたしたちは風船を揚げるわけではありません。しかし、それでもあなた方が危険だと思うなら、どうぞ、ヘリなどの軍用機を飛ばさないでください。

<<日本人のみなさんへ>>
 わたしたちが日本人のみなさんへ求めるのは、沖縄で一緒に風船を揚げたりすることやカンパなどではありません。一日も早く沖縄から基地を引き取ることです。

 戦後の歴史だけみても、日本人は、1952年対日講和条約(サンフランシスコ平和条約)で沖縄をアメリカに統治させることによって自らの独立を手に入れ、そのアメリカ統治下の沖縄に日本本土の基地も移設・集中させることによって、基地被害から圧倒的に免れてきました。さらに、沖縄の基地を1972年の「沖縄の日本復帰」で「安保条約下の日本の基地」と言い換えることによって、「基地のない平和な日本本土」を築いてきました。

 沖縄のわたしたちは「基地を押しつけられた」当事者として、「イクサはならんどー」という言葉を大切にしながら闘い続けてきました。その闘いとは、座り込みや集会、デモなどの活動だけを指すのではなく、戦後から現在にいたる暮らしそのものがそうなのです。

 みなさんは「沖縄に基地を押しつけてきた」当事者です。そのことを自覚し、「押しつけてきた基地を沖縄から引き取ろう」とまわりに呼びかけてください。基地反対運動まで沖縄に依存しないで、まず、一人からでも責任を担う行動を始めてください。そうすることによってはじめて、沖縄に依存しない自立した社会や歴史をつくる一歩を、日本人は歩むことができるでしょう。

                    2011年8月
カマドゥー小たちの集い

■ヘリ基地いらない二見以北十区の会 より

普天間の空・大地を取り戻す行動に名護市民として参加します

 私たち「ヘリ基地いらない二見以北十区の会」は、日米両政府が普天間飛行場代替施設=辺野古新基地の建設を計画している名護市東海岸・二見以北十区の住民で構成する住民団体です。1997年10月に結成以来14年間、地域と子どもたちの未来を奪う基地建設に地元住民として反対の活動を続けてきました。

 97年12月に行われた名護市民投票で私たちは、日本政府による権力と金力を使ったあらゆる妨害・圧力をもはねのけて「基地ノー」の市民意思を内外に発信しました。そのときに私たち名護市民・地域住民を支えてくれたのが、「カマドゥ小たちの集い」の勇気ある行動でした。

 彼女たちは、戦後この方、自分たちが受け続けてきた耐え難いほどの爆音・騒音や墜落などの事件・事故の恐怖を、同じ沖縄の名護市民に味わってほしくないという一心で名護に駆けつけてくれました。「カマドゥ」の女性たちと「十区の会」の女性たちがペアになって、市内各戸を訪ね、普天間基地の危険性を体験者として伝え、「反対してください」と訴えた行動は名護市民投票を勝利に導く大きな力になったと私たちは確信しています。名護に移設して自分たちの苦しみを終わらせようというのではなく、狭い沖縄のどこに移しても同じ、という彼女たちの思いは多くの人々の心を揺り動かし、その後の沖縄の方向性をも示す先駆的なものだったと思います。

 この14年間、時には絶望しそうになりながらも、反対の灯をともし続けてきた地域住民・市民の願いが、ついに基地建設反対を明確に打ち出す名護市政を誕生させ、圧倒的な県民世論によって沖縄県政も「県外移設」へと舵を切り、辺野古移設=県内移設反対が全県民の意志をして表明されるにいたりました。

 ところが日本政府は、「辺野古移設ができないなら普天間基地は固定される」と、自分たちが「普天間基地返還」を約束しておきながら、それができないのは沖縄県民のせいだという責任転嫁、脅しをかけてきています、私たちは移設先とされた名護市民・地域住民として、これに厳しく抗議し、日米両政府が約束の期限をとっくに過ぎた普天間基地を宜野湾市民・住民に即刻返還するよう求めます。

 私たち十区の会は、「普天間の空・大地はわたしたちのもの」「基地は県外へ」という「カマドゥ小たちの集い」の意思表示を支持し、次世代の子どもたちを守るための風船行動をともに行うことを表明します。

2011年8月8日 
ヘリ基地いらない二見以北十区の会
 
■カマドゥー小の集いからの呼びかけ文 英語版

The Sky and the Earth of Futenma Belong to Us 
          Let’s raise balloons !
We, Kamadou gwa tachi no Tsudoi, are a group of women who demand that the military bases on Okinawa should be moved out of Okinawa Prefecture. We have decided to initiate a balloon action for the following reasons.
  Fifteen years have passed since the U.S. and Japanese governments agreed in 1996 to return Futenma base to us. During those years (and of course, before as well) Okinawans have made countless efforts of every sort to make the relocation of Futenma base within Okinawa impossible. And as it became clear that the forcing of U.S. bases on Okinawa is a form of discrimination, we raised our voices louder against it. And 2010 saw the election of a Prefectural Governor who had made the removal of Futenma base from Okinawa a public promise.
  However, the sky and the earth of Futenma base have not yet been returned to the people of Okinawa. Helicopters and other military aircraft roar overhead, disrupting our livelihood and threatening our lives. On top of that, they say they are going to station the notoriously dangerous MV Osprey vertical landing and takeoff aircraft on Futenma base in 2012. We cannot be silent. The governments of Japan and the U.S. do not protect the dignity, the living, or the lives of Okinawans. Rather, they mean to burden us with greater and greater danger. As a result, we have no choice but to protect ourselves and our children, the next generation, by our own efforts.
  For these reasons we have decided to raise balloons as an expression of our will: "Do not endanger our lives!"; "This sky and earth belong to us!"; "Move the bases out of the prefecture!"
  People of Okinawa, citizens of Ginowan! If you agree with this purpose, then join us in this balloon action. It is not prohibited by any law. Let us confirm that this is our sky by raising balloons into it.

      * * *
1) Time; Wednesday, 10 August, 2011, 9am to 3pm.
(The seventh summer after the crash of the U.S. military's CH 53 helicopter)
2) Place; around Futenma Airbase (Kakazu Takadai Park, and other locations)
3) Concerning the balloons:
*Diameter: 50-90cm.
*Secured by 30-40m of fishing line, so they will not come loose.
*Filled with helium (no bad effect on the environment).
*When the event is over, balloons will be removed.
*Sangwa will be attached to the balloons.

<<To the People Related to the U.S. Military>>
We do not fly balloons to put you in danger. On the contrary, to us Okinawans your presence here is dangerous. Here, on our own islands, we are insulted by you, and our livelihood and our lives are threatened by you. You who occupy 20% of Okinawa Island for your bases must surely understand this well.
We Okinawans have never given you permission to be here. Tenaciously and by means of all sorts of actions, we have appealed to you: Return our land! Don't violate our human rights! Treat us with respect!
  The land you have occupied for your bases is where our Ryukyu/Okinawan ancestors lived their lives, and is precious to us. Return it! Do not try to evade your responsibility by calling this a "Japanese domestic issue". Prove to us that your talk of "democracy" and "respect for human rights" is not just lip service.
  If you still insist that the only way to return the Futenma land to us is to relocate the base, then relocate it to mainland Japan. Because while it was the Japanese (mainland Japanese) who entered into the Japan-U.S. Security Treaty, which allows U.S. bases on Japanese land, they have mainly avoided bearing the burden of their treaty obligation by offering up Okinawan land instead. 
We repeat, we do not send up these balloons to endanger you. But if you do think them dangerous, then please refrain from flying any helicopters or other military aircraft.

<<To the People of Japan (Yamatu/Mainland Japan)>>
What we ask of you Japanese people (mainland Japanese) is neither that you raise balloons with us in Okinawa, nor that you raise funds for us. What we ask is that you take back the U.S. bases from Okinawa as soon as possible.
Looking only at Japan's postwar history, we can see how, with the 1952 San Francisco Peace Treaty, Japan got its independence in exchange for agreeing to the continued U.S. rule of Okinawa. And by moving U.S. bases to Okinawa, Japan was largely able to escape the damage that comes with them. And then with the 1972 reversion of Okinawa to Japan, the situation was redefined as "U.S. bases authorized under the Japan-U.S. Security Treaty", and the myth of "peaceful, almost base-free mainland Japan" was born.
We Okinawans, as the party upon whom these bases are imposed, valuing the words "ikusa ya narando" (no war), have long struggled against these bases.
This struggle does not simply mean sit-ins, rallys and demonstrations; it means our daily life itself, from the end of the war to the present day.
  You are the party who forced these bases upon us. Be conscious of that fact, and appeal to those around you: "We should take back the bases we forced on Okinawa." Give up this dependency you have on Okinawa, even for the anti-base movement, and begin to take responsibility yourselves. Only by doing this will you be able to take the first steps toward building a society, a history, free from dependency on Okinawa.

スポンサーサイト



<< 琉球の歴史を無視する教科書が八重山で採択されようとしています | ホーム | 七ヶ浜でのボランティア活動 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP