FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

八重山諸島での教科書問題

8月13日の沖縄タイムスの記事をお伝えします。

「集団自決」の事実を教科書で教えることも、教育ではないでしょうか。一部の人々によって八重山諸島の教科書が決定されようとしています。生徒には教科書を拒否する権利はないのでしょうか。



八重山地区で来年度から使用する中学校教科書を選定する教科用図書八重山採択地区協議会は、「新しい歴史教科書をつくる会」系の自由社、育鵬社の各社会科教科書をめぐり、3市町の各教育長でつくる役員間の見解の対立が鮮明になった。

協議会会長の玉津博克石垣市教育長は12日、沖縄タイムスの取材に応じ、両社教科書について「文科省の検定を通っているから問題ない」と述べた。一方、竹富町の慶田盛安三教育長は「史実認識に問題があり、検定意見数も多すぎる」と否定的な見解を示した。(又吉嘉例)

 「つくる会」系教科書は従来の歴史記述を「自虐史観」とし、アジアでの侵略戦争や植民地支配など、日本の「加害の歴史」を正当化する傾向がみられる。

 県内では2007年、文科省が教科書検定で、「集団自決(強制集団死)」から軍強制を示す記述を削除させたことに抗議し、全41市町村議会と県議会が検定意見の撤回を求める意見書を可決。その集団自決についても、両社教科書には軍強制を示す記述はない。

 集団自決の軍強制について玉津会長は「県民感情は分かるが、歴史的事実も見方はいろいろある。教科書は感情で書くものではなく、事実に基づいて書くものだ」と強調。「(教科書)本文に書いていない場合でも、先生がアイデアを出し、フリーハンドで教えることもできる」と述べた。

 石垣市、竹富町の元教育長らが両社教科書を採用しないよう協議会に要請していることには「文科省が認めた教科書を『使うな』ということは、思想信条の自由を含め、やってはいけないことではないか。逆に『この教科書がいい』と推薦してくれれば、協議会の中でも提案について触れるかもしれない」と要望した。

 一方、慶田盛教育長は両社教科書について「集団自決の日本軍関与ははっきりしている。沖縄県の中で、史実と合わない歴史認識の教科書を使用するとなった場合、協議会の責任問題にもなりかねない」と懸念を示す。「検定意見の撤回を求め、県民大会も行われた。全市町村議会の意見書可決をほごにするわけにはいかない」と語った。

 慶田盛教育長は、玉津会長が決めた現場教員ら調査員による推薦教科書の「順位付け」廃止や、無記名投票による選定方法に対して、専門的な教科書研究の充実や、「市民に開かれた採択」が困難になると批判している。

 同協議会は23日に教科書を選定する。

スポンサーサイト



<< 奄美諸島における高齢者率 | ホーム | 被災地で地域再生に活躍する沖縄人 >>


コメント

失礼します。
育鵬社の歴史教科書の市販本を見ました。
問題点はいろいろ言われていますが、
私が最大の問題と感じたことは
「日本」と記載しないで、
「わが国」と記載している点です。

集団自決という悲しい、事実も教科書で教えるべきです。八重山の一部の人々は何を考て、行動しているのか?沖縄県民としての県民に対しての愛はあるのか?故郷を思う私としては心配です。

守るべき物を拒否した石垣、与那国には残念です。ほんとバカな事をしたものです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP