FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

奄美諸島における高齢者率

8月1日の南海日日新聞の記事をご紹介します。

若者が島から出ていくという問題もありますが、他方では高齢者が過ごしやすい、長生きができる島であるという側面をいかにアピールしているかが重要でもあると思います。

高齢者が元気で生活出来る島は、人にやさしい場所であるともいえます。そのような人にやさしい、自然が豊かな島には若い人も魅力を感じるのではないでしょうか。




 奄美の一人暮らしの高齢者数は2011年3月末現在で1万1362人に上ることが県大島支庁地域保健福祉課のまとめで分かった。20年前と比べて4549人の増加。65歳以上人口に占める割合は32・9%となり、増加傾向が続いている。

 一人暮らしの高齢者数は1991年4月1日現在で6813人、2001年3月末現在で9443人。06年に初めて1万人を突破し、近年は08年1万770人、09年1万742人、10年1万1291人と推移している。

 11年3月末現在の統計を市町村別にみると、最も多いのは奄美市の4431人。次いで瀬戸内町1445人、喜界町955人、伊仙町840人―などの順だった。

 65歳以上人口に占める割合は瀬戸内町の43・4%が最も高く、宇検村40・4%、奄美市37・5%の順。逆に低いのは与論町17・4%、知名町18・4%、徳之島町22・8%―などと続いた。

 地域ぐるみでお年寄りの孤立化を防ごうと奄美各地で見守りネットワークの構築が進んでいる。都市化で近所付き合いの希薄化が指摘される奄美市は見守り対象者のリスト作成に着手。他地域でも災害時の安否確認や避難誘導を想定した取り組みが軌道に乗りつつある。
スポンサーサイト



<< 『脱「国際協力」 -開発と平和構築を超えて』を読んで下さい | ホーム | 八重山諸島での教科書問題 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP