FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

教科書による同化政策

本ブログへの雷鳥さんからの投稿を紹介します。

「育鵬社の歴史教科書の市販本を見ました。
問題点はいろいろ言われていますが、
私が最大の問題と感じたことは
「日本」と記載しないで、
「わが国」と記載している点です。」

私も問題だと思います。「わが国」と琉球に対して本当に言えるのかを、生徒、教員は考えながら授業を行ってほしいです。教科書を参考書として、八重山、琉球について自分の頭で考えるような資料として使ってほしいです。

琉球・沖縄・八重山の歴史、公民は副読本をつくって学ばなければ、島のこと、自分のことがわからなくなり、自分のアイデンティティ、ポジショナリティを確立することが困難な時代になりました。



8月26日の琉球新報の記事です。

教科用図書八重山採択地区協議会(会長・玉津博克石垣市教育長)は、2012年度から中学校で使う公民教科書として育鵬社の「新しいみんなの公民」を選定した。この教科書については「問題点が多すぎる教科書」「沖縄の現状に合わない」など、関係者から批判の声が相次いでいる。八重山採択地区で現在使用されている東京書籍と比較すると、国民主権、人権と公共の福祉、平和主義、自衛隊など重要な項目で差異が目立つ。識者の視点を交え、選定のための資料として同協議会に提出された地元教員がまとめた報告書から、育鵬社版の公民教科書を検証する。


 教科用図書八重山採択地区協議会が23日に選定した育鵬社の「新しいみんなの公民」。選定前に地元の調査員(現場教員)が調査研究し、まとめた報告書では「生徒の興味・関心を高める工夫がされている」など評価する一方、「子どもの権利を尊重するという視点も、子どもたちを守り育てていくという視点も欠けている」などの懸念も示されていた。

 報告書は、協議会から任命された調査員が作成。検定を通った7社の教科書の特徴や傾向をまとめている。協議会では、この報告書をもとに協議会委員が教科書を選定する。

 報告書の調査項目は(1)中学校学習指導要領に示された目標を達成するのに十分か(2)学習内容の質・量が学習指導上適切か(3)発展的な学習内容として適切か(4)表現や表記が適切か(5)その他―の5点。

 調査員は育鵬社の「公民」について、調査項目に従い「生徒が主体的に学習できるように配慮されている」「生徒の興味を高める多彩な資料や学習の手順及び留意点が示されており、生徒が主体的に学習できるよう配慮されている」など、その内容や形式を評価している。

 一方、「その他」では「表紙の日本全体図の写真で、沖縄県が他の写真で遮られている」「軍事力に頼らない平和への努力や、憲法9条が果たしてきた役割がほとんど記述されていない」などの否定的な文言が並んだ。

 今回、調査員が「複数推薦」した教科書の中に育鵬社は入っておらず、協議会の審議でも「調査員がマイナス面しか指摘していないのに、なぜ選定対象なのか」など疑問の声が上がった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

米軍基地記述は欄外
 育鵬社「公民」の在日米軍基地に関する説明は「日本の安全と防衛」の項目の欄外で紹介されている。文中では沖縄県内の米軍基地について一言も言及されず、欄外の「おもな基地」の説明で「在日米軍基地の75%が沖縄県に集中しています」と記述するのみだ。

<用語>育鵬社
 2007年8月1日、扶桑社の教科書出版部門が独立し、同社が100%出資した子会社として設立した、フジサンケイグループの教科書会社。本社は東京都、資本金は3億円。

 扶桑社は、従来の歴史教科書を「自虐的」と批判する学者らが1997年に設立した「新しい歴史教科書をつくる会」(藤岡信勝会長)の主導する歴史と公民の教科書を2度発行した。

 その後「つくる会」から離れた「日本教育再生機構」(八木秀次理事長)のメンバーが、「改正教育基本法に基づく教科書改善を進める有識者の会」(教科書改善の会、代表世話人・屋山太郎)を結成し、10年度から同会の主導で育鵬社の歴史と公民の教科書を発行している。

 一方、「つくる会」は自由社から、育鵬社版と似た性格の歴史・公民教科書を発行している。


スポンサーサイト



<< 八重山教科書問題:狙われている島々 | ホーム | 当事者である生徒の意見も聞いて >>


コメント

琉球・沖縄は日本ですよ。
それは違うなんていうなんて同化してるぜ!

最高最良の教科書は、自分の魂である

真実は、「神のみぞ知る」

同化政策や中央集権政策、独裁政策による歴史認識の歪曲工作は、カダフィ大佐の様な宿命をたどるのみである。


我々、琉球人同胞は、不滅の琉球魂によって、必ずや再生するであろう。


「嘘つきは、泥棒の始まり」なのである。




〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

きちんとした反論出来るなら、脳足りんの日本の右翼よ! 反論意見して下さいな。


腐りきった魂のあんた達に出来る事は、人々を監視するだけだ!!


私が、やりたいのは、人類の精神の解放である。

本当に心から、反論したいならば、私のブログにコメントしてみたら善いではないか?

反論しないなら、「死人に口無し」ですかな??


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

Re: タイトルなし

> 琉球・沖縄は日本ですよ。
> それは違うなんていうなんて同化してるぜ!

その証拠は何ですか!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP