FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

~アフリカへの草の根支援~『国際協力草の根トーク』

龍谷大学の大林先生からお知らせがありました。皆様、ご参加ください!!

アフリカに関心のある方ならどなたでもご参加ください。

~アフリカへの草の根支援~『国際協力草の根トーク』

■人々の役に立つ支援とは?
国際協力に対する関心が高まっている一方で、その手法や効果に対して厳しい視線が向けられて
います。現地で行なわれるプロジェクトでは、現地の方々が中心になるのはもちろんですが、そ
のためにはどのような視点・工夫が必要なのでしょうか。他方で、現地の方々は、海外からの支
援をどのように捉え、どのような動機で参加しているのでしょうか。

今回のトークでは、アフリカで草の根レベルでの取り組みを長年続けて評判の高い2つの団体に、
アフリカ人、若い学生が加わって語り合い、あるべき支援とはなにかを浮き彫りにします。


■開催日時
2011年9月17日13時30分より

■開催場所
龍谷大学 アバンティ響都ホール9階
京都市南区東九条西山王町31 アバンティ9階
http://www.ryukoku.ac.jp/ryudaihall/access/
JR京都駅八条口前です

〔話す人〕
●マンスール ジャーニュ
西アフリカのセネガルで生まれ育ち、中東ヨルダンの大学で農業を学ぶ。1992年に来日し、芸能
活動を続けながら、全国各地で国際問題や世界のマナー、エネルギー等をテーマにした講演・講
義を行うなど、「アフリカ」を広める文化活動に力を入れています。

● 緑のサヘル:菅川 拓也
 「緑のサヘル」事務局長。1988年、青年海外協力隊員としてモロッコ王国に赴任、1992年、「
緑のサヘル」による「チャド共和国砂漠化防止プロジェクト」に参加。以後、プロジェクト調整
員や現地代表、事務局長として、チャド、ブルキナファソの活動に関わっています。
http://sahelgreen.org/

● 特定非営利活動法人 カラ=西アフリカ農村自立協会: 村上 一枝
 NPO法人「カラ=西アフリカ農村自立協力会」代表。1989年よりマリ共和国において活動、長
年にわたって住民の栄養・衛生の改善、生活の向上、教育の充実等に努める。これまでに「女性
ボランティア賞」等、数々の賞を受賞しており、その活動は各方面より高い評価を受けています。
http://ongcara.org/

● ドコドコファンド:タンザニアを訪問した龍谷大学の学生グループ
タンザニアのストリート・チルドレンを支援するために、元ストリート・チルドレン達の絵画展
を日本で開催し、そこで集めた資金をもとに、奨学金が設立し、卒業後も、息の長い支援を続け
られるように、現地NGOや子供たちとの話し合いを通じて、仕組みづくりに取り組んでいます。

コーディネーター:大林稔
龍谷大学経済学部教授。同大学アフリカ研究センター研究員。
国際協力とアフリカの政治経済を研究、同時にアフリカと日本の連帯のために活動しています。

*詳細プログラムのデータとチラシも添付させていただきました。
 併せてご参照くださいませ。


【連絡絡先】
大槻知英
大林研究室 075 645 8432
chieohtsuki@hotmail.co.jp


CARA=特定非営利活動法人 カラ=西アフリカ農村自立協力会
〒180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町1-1-6-102
TEL:0422-29-7640 FAX:0422-29-7688

緑のサヘル
〒101-0035
東京都千代田区神田紺屋町16 田澤三ビル 3階
TEL:03-3252-1040 FAX:03-3252-1041
スポンサーサイト



<< 竹富町教育委員会の自治的自覚に基づく判断 | ホーム | 八重山教科書問題:狙われている島々 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP