FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

竹富町教育委員会の自治的自覚に基づく判断

8月28日の八重山毎日深部の記事を紹介します。

竹富町教育委員会の判断は、歴史的にも大きな価値がある一歩だと思います。
自治的自覚を持って教科書を選んでいるといえます。



竹富町教育委員会(竹盛洋一委員長、委員5人)は27日午前、町役場で開いた定例会で、教科用図書八重山採択地区協議会(会長・玉津博克石垣市教育長、委員8人)から答申のあった教科書採択について審議し、全会一致で公民分野の育鵬社を不採択と決定した。代わりに、調査員の推薦図書で協議会でも3委員が支持した東京書籍を採択した。

 定例会の冒頭、慶田盛安三委員(教育長)は、協議会の玉津会長主導の選定手続きに強い不快感を示し、推薦外の図書が選定されたことに「前代未聞。ふに落ちない」と批判、「私たちは、良い教科書を採択するよう話し合いを深めよう」と呼びかけた。

 議事は9教科15教科書を一つひとつ議案として審議。公民分野の審議で大田綾子委員が育鵬社版の不採択を求める緊急動議を提案。「調査員の推薦図書に入っていない」としたほか、育鵬社の選定理由について調査員のマイナス評価を挙げながら「まったく適切ではない」と述べた。

 慶田盛委員は「マイナス評価の多い育鵬社がなぜ選ばれるのか。簡単な算数(数合わせ)だった。不当と言いたい」と強調、内盛正聖委員(PTA代表)、石垣安信委員(同)も「原発問題などリスク面もある原発問題などで、両論を乗せている現行教科書と違う。基地問題でもこうでなくてはならないという印象を受けた」(内盛氏)と賛同した。

 これを受け大田委員は、基地問題や琉球文化の取り上げ方など調査員が評価された点を紹介しながら、「八重山の子どもたちにとって望ましい教科書」として調査員推薦の東京書籍を提案、採択された。

 竹盛委員長は採択後、「私たちが採択した教科書は、未来を開く子どもたちのために良い教科書と自信を持っている」と述べた。
スポンサーサイト



<< 八重山の中学校で軍人教育? | ホーム | ~アフリカへの草の根支援~『国際協力草の根トーク』 >>


コメント

やはり竹富島の方々は意識が高いですね。家、石垣、砂浜、人、全てが素晴らしく、また行きたい場所です。物事には全てつながりがあるように感じます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP