FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

過疎化問題に取り組む瀬戸内町

8月18日の南海日日新聞の記事です。

人口減少という問題に対して、瀬戸内町は具体的な取り組みをしています。

先日、行った座間味村でも空き家対策が課題の一つでした。





移住希望者向けに物件情報を提供する瀬戸内町の「空き家バンク制度」が成果を挙げている。2007年度から導入した定住対策の一環。制度開始から4年で移住者の約半数(町把握分)が制度を利用し、同町での「田舎暮らし」を実現させた。

 町企画課によると、近年のIターン者数は07年度4組6人、08年度9組15人、09年度10組22人、10年度12組18人、11年度(8月現在)5組8人。このうち約20組が同制度を利用して居住地を決めた。

 空き家は町が集落の嘱託員を通じて情報を収集。不動産業者の取り扱いが少ない一軒家を中心に賃貸(売却)希望者を募り、物件の写真や住環境などをホームページで発信する流れだ。

 8月17日現在の登録状況は8件。移住希望者から問い合わせを受けて町が家主に連絡し、町職員が現地に案内する。利用は無料。家賃などは希望者と家主との間で交渉する。

 移住希望者の家族構成や出身地はさまざま。「海の近くに住みたい」「自給自足の暮らしを送りたい」など多様なニーズに応えられるよう町側は登録物件の増加を図る考えだ。

 本年度は一部の物件を町が借り受け、改修費を負担して居住環境を整備する。企画課担当者は「移住者の受け入れは過疎化が進む地域の活性化にもつながる。選択肢が広がるよう町民の協力を得ながら対象物件を掘り起こしたい」と語った。
スポンサーサイト



<< 台湾は独立国家です | ホーム | 八重山の中学校で軍人教育? >>


コメント

移民は先住民族を滅ぼす

民族自決していない地域、琉球に移民受け入れは民族絶滅政策です。
国内植民地では移民は奨励されていますが、
ほとんどすべての国家は移民受け入れを制限しています。
そんな移民受け入れがよいなら、逆に世界中の国が移民の制限しないはずです。
移民受け入れは民族自決してからにしてほしいです。

過疎は土地が広くなるし、
もし無人なれば自然を増やせるし、
そもそも、日本全国琉球含めて、世界から見れば人口稠密で広い土地はありません。
それを過疎というなら、世界の大半の広大な領域が過疎問題になります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP