FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

多田治氏に再反論する

琉球新報の2007年9月3日に拙論「多田治氏に再反論する」が掲載されましたので、ご紹介します。

私は多田氏とは会ったことも、話したこともありません。個人的恨みももちろんありません。新聞紙上において事実とは異なることを公然と民衆の前で示すことに対して、反論する権利があると考えて、琉球新報社に対して「反論」文の掲載を求めました。

自治とは他者からの身に覚えのない批判に対して身を守る権利をも含んでいると思います。以下の「再反論」に対しての多田氏からの見解は現在にいたるまで手元に届いていません。

以前から、多田氏の野村浩也氏に対する批判には問題があると考えていました。今度は我が身がその批判の対象となるに及び、徹底的に議論することを決意しました。

無視することもできますが、それでは琉球人が我慢しているようでいていけません。多田氏から私宛に送られたメールに対しても、「徹底的に議論しましょう」と伝えました。

多田氏の「反論に答える」という文章では、私に対してピエール・ブルデューを読め、その上でないと議論はできないという趣旨のことを言ってました。

フランスで様々な社会問題にかかわっていたブルデュー自身はだれか「権威者」の言葉や概念を使い現実を認識しようとはしないと思います。

多田氏が『琉球の「自治」』に関心をもち、『環:今こそ、琉球の自治を』にも書評を書いてくださったことに感謝するとともに、多田氏が提起した問題についてさらに突っ込んだ議論ができればと考えています。






 私は石垣島で生まれ、南大東島、与那国島、沖縄島で育ち、東京で学び、グァムやパラオでも生活し、今は静岡に住んでいる琉球人である。

琉球外において、日本による琉球国の併合の事実、琉球人への身体的差別の歴史、基地の押し付けという構造的差別、第三世界と琉球との関係を学び、世界の先住民族と交流し、また日本人に「日本人とは異なる存在」として自らが扱われたという経験をしてきた。

グァムのチャモロ人、パラオ人も日本人と琉球人とを区別して認識していた。私は「さまよえる琉球人」であり、琉球を常に意識しないではおれない状況で生きてきた人間、そして研究者でもある。

社会的、歴史的な係りを持たない「無色透明な」立場で研究できる人間がいるのだろうか。特に琉球に関する研究においては、自らがどの位置に立って発話しているのかが常に問われてこよう。

 私は次のような理由で琉球という言葉を使っている。琉球が奄美諸島から与那国島までの島々を包括し、日本と歴史文化的、政治的に対等な地位を琉球が潜在的に有し、開発主義に基づかない生活世界を示しうる言葉であると考えるからである。

琉球人と言うからといって、沖縄人、宮古人、沖永良部人、アメラジアン等の呼称や存在を否定しているのではなく、これらの人々をも含めて、琉球人の主体性こそが今もっとも問われているのではないか。

「沖縄ブーム」の中で観光客、移住者、ヤマト企業、日本人研究者が増えている。他者にとって都合のいいように琉球が開発、経済支配され、振興開発と基地が交換され、歴史の事実が歪められ、歴史や文化が商品化され、「学問的」に認識されていく。

小著『琉球の「自治」』では、振興開発のあり方を問い、琉球の問題を解決できるのは琉球人による自治、内発的発展しかないと訴えた。

内発的発展とは、外部からのカネ、中央政府、企業、人間に依存し支配される状況を打破するために、地域の文化、歴史、生態系に根ざして一人一人の住民が発展の担い手となる島起し運動である。

どこかで成功した発展モデルを模倣するのではなく、島々の状況に応じて島人が自らの頭で考え実践していくことで、それぞれの内発的発展が生まれてくる。

現実の住民の歩みである内発的発展をロマン主義と批判するならば、「現実的な」発展とは何であり、また自らの代案を明示すべきであろう。

 今年3月久高島において「ゆいまーる「琉球の自治」」という集いがもたれた。島の自治の担い手である住民が互いに知恵を出し合って地域の課題を解決する道を見出し、生きる勇気を与え合うのがこの集いの目的である。

その議論の内容や琉球の自治のあり方については『環:今こそ、琉球の自治を』(藤原書店)で紹介されている。

第二回目の集いは今年11月17日から19日まで奄美大島宇検村の平田で開かれる。多田治氏を平田での集いにお誘いしたい。

9月の新聞紙上では事実無根の言説を繰り返し、「次の課題がある」として一方的に議論を打ち切る等、対等な人間として扱ってもらえなかった。

平田では私の最初の質問に答えて頂き、琉球人とは何者なのか、琉球人・日本人にとって琉球研究とは何を意味するのか、琉球の自治のあり方等について徹底的に話し合いたい。

「権威者」の言葉や概念ではなく、自らの経験、調査研究、思索に裏打ちされた自分自身の言葉で語る。

集いに参加される方々は島に根を下ろし、自らの責任で生きている強かな実践家である。久高島の際には多田氏の出身地である大阪から金城馨氏が来られたが、大阪で差別されてきた琉球人の歴史、意識についても議論ができるであろう。

自らの目で、琉球人が「ロマン主義で、カタルシスを求め、二項対立の図式に安住する、複雑で多層的な現実を理解できない、素朴な人間」であるのかどうかを確かめた上で発言して欲しい。



スポンサーサイト



<< ゆいまーる会議の打ち合わせと交流会 | ホーム | 多田治氏の「時評」に反論する >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP