FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

八重山の教科書で抗議活動が活発化

9月3日の沖縄タイムスの記事をご紹介します。

八重山で問題になっている教科書は、日本人の目線でかかれ、日本人にとって都合のいい歴史観であり、日本人と琉球人のポジショナリティを見えなくさせるものです。





 【八重山】八重山地区の中学校教科書の採択をめぐる問題で、石垣市、竹富町、与那国町の教育委員(計13人)で構成する地区教育委員協会の仲本英立会長(石垣市教育委員長)は2日までに、臨時総会の8日開催に向けて各委員を招集するよう、事務局の市教委に要望した。

3市町の公民教科書の一本化に向けた合意形成に乗り出すとみられる。一方、県教委の中野吉三郎委員長も2日、打開策を検討するよう3市町教育委員長に要望する通知を出した。

 石垣、与那国2市町がともに教員が推薦しなかった「新しい歴史教科書をつくる会」系の育鵬社版を採択したことに関し、教育委員13人のうち過半数が否定的とみられる。臨時総会が開かれた場合、育鵬社版を採択しなかった竹富町の決定を尊重するような見解や判断が出される可能性もある。

 教育委員協会は「八重山教育行政の共通の諸問題を検討して、これらの解決実現を図ることを目的」としており、仲本委員長はこれまでも県の指導などを理由に総会招集に意欲を示していた。協会事務局の市教委によると、臨時会が開かれるのは初めてという。

 県教育庁義務教育課は「教育委協会の開催は非常に有効な方法」とみている。教科書の無償配布に関する措置法に記された「協議」のあり方については、「必ずしも教科書採択地区協議会の形式に限らず、何らかの形で協議の場をもつこと」としている。

育鵬社採択 460人抗議 八重山

 【八重山】3市町教委の協議が膠着(こうちゃく)状態にある八重山地区の教科書問題で、育鵬社の公民教科書採択に反対する住民集会が2日、石垣市健康福祉センターで開かれた。市民団体や保護者、教員ら約460人が、現場教員の意見の尊重や、八重山採択地区協議会の玉津博克会長に住民の不信感を招いた責任を明確にすることなどを求める決議を承認した。「新しい歴史教科書をつくる会」系教科書の採択反対を訴える地元集会は2回目。

 那覇から駆けつけた「9・29県民大会決議を実現させる会」の玉寄哲永世話人は「日本軍の強制によって起きた『集団自決(強制集団死)』を米軍に責任転嫁する教科書を許せますか」と強調。琉球大の山口剛史准教授は、家父長制的な価値観を家族のあるべき姿として描いていることなどを問題視した上で「物事を断定的に書き、子どもたちに考える余地を与えないことが、この教科書が使えない大きな理由だ」と指摘した。

 東京から参加した「子どもと教科書全国ネット21」の俵義文事務局長は、「(育鵬社の関係者は)政治運動の道具として教科書を作ったと公言している。八重山から日本の民主主義を草の根で広めていこう」と呼びかけた。

 西表島に住む元小学校教諭の仲村貞子さん(82)は沖縄戦の体験者。「子や孫に私たちと同じ思いをさせないように頑張りましょう」と話し、会場から大きな拍手が湧いた。

スポンサーサイト



<< 与那国自衛隊配備賛成派の514人を上回る550人の反対署名が集まっている | ホーム | 台湾は独立国家です >>


コメント

私達もナチズムの協力者だった

過ちを最大の教訓としながら、自分達の弱さ、無知を見つめ続けていきたい。

強がりの教育はすべてを台なしにするだけです。

世界中の皆さんと共に支え合いながら、弱点を補い合いながら、強く生きていこうとする意識こそ、教育の核なのです。

軍国主義では決してありません!


〔kin148 YELLOW OVERTONE STER 黄色い倍音の星〕

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP