FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

石垣と石巻のつながり

9月5日の八重山毎日新聞の記事をご紹介します。

私も、石巻にこれまで3回行きまして、学生と地域復興の活動をさせてもらいました。宮城県の七ヶ浜に行ったとき、津波で流された家屋の後に、ひまわりの種を植える活動が行われてきました。その種は阪神淡路大震災でなくなった少女が育てていたひまわりの種が、中越地震後の被災地に届けられ、そこでとられた種が、次は七ヶ浜で復興を願って植えられてきました。私たちも、7月に種を植えました。8月に再び、七ヶ浜に行ったときには大きく育ったいたひまわりを見ることができました。

被災地のなかで、太陽に向かって花を開くひまわりは、心に太陽を持たせてくれるように感じました。

被災者の心の中にも、太陽の希望の花が咲いてほしいと思います。





東日本大震災の被災地となった宮城県石巻市の復興支援を目指し、新川の米盛佳織さん(40)が主催したフリーマーケットが4日、浜崎緑地公園で行われた。米盛さんの取り組みは、出店者から募った寄付で同市渡波地区に花を咲かせようというもの。

 フリーマーケットは、被災者の心のケアを目的に米盛さん個人で企画したもの。米盛さんは8月に石巻市を訪れて被災状況を確認。道路に花がなく殺伐とした風景に心を痛め、来年春には現地の協力で花を植えることになっている。

 被災状況について、米盛さんは「報道がないだけで自殺者が多い。特に仮設住宅でお年寄りの孤独死も心配」と危惧(きぐ)。「物資は足りている。心の支援が必要だ。花が癒やしになれば」と話した。

 この日のフリーマーケットも米盛さんの考えに賛同した約40人が出店。会場には震災の様子を伝える資料も展示され、来場者が時折足を休めて資料を開き、震災について考えていた。

 フリーマーケットは、出店者の売り上げから寄付を募り、同地区の人たちが来年春に種を植える。植え付ける花は、ひまわりを予定している。
スポンサーサイト



<< 国連会議参加合同報告会ー脱植民地化と人民の自己決定権 | ホーム | 与那国自衛隊配備賛成派の514人を上回る550人の反対署名が集まっている >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP