FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

八重山の教科書問題

9月9日の八重山毎日新聞の記事です。

八重山諸島における教科書が自由主義史観の教科書ではなくなりました。





教育委員の賛成多数で決定、代わりに東京書籍を採択

 八重山3市町教育委員会の全教育委員13人は8日午後、郡内の中学校で来年度から4年間使用される教科書のうち石垣市・与那国町と竹富町で同一となっていない公民教科書について協議した。

休憩をはさんで5時間45分に及んだ議論の末、合議に至らず、教科用図書八重山採択地区協議会(会長・玉津博克石垣市教育長、委員8人)から答申のあった育鵬社を賛成多数で不採択とし、代わりに東京書籍を採択した。

会議は教科書無償化措置法13条4項に基づく「協議」と位置づけたことから、この日の結論が八重山採択地区の採択とみなされる。崎原用能与那国町教育長は多数決に反対してボイコット、玉津教育長も「無効だ」と抗議した。

 同地区内の各教委では石垣市と与那国町で育鵬社、竹富町教委で東京書籍と同一になっておらず、無償化法に違反する状態が続いていたが、この日の決定で違法状態が解消されることになる。

 会議は午後2時から八重山地区教育委員協会(会長・仲本英立石垣市教育委員長、委員・3市町教育委員)の臨時総会として開催、全委員が集うこの場を一本化を図る「協議」の場とまず確認。冒頭で県の狩俣智義務教育課長が「協議」の法的根拠を示し、「最も民主的な協議」としてその後の指導助言を行ったが、議論は何度も脱線して堂々めぐりを繰り返した。

 採択教科書について全員で協議して決めることを確認したが、採択方法をめぐっては多数決に反対する崎原教育長と玉津教育長が退席、崎原教育長は最後まで戻らず、対立する中で賛否を問う結末となった。

 挙手による採決の結果、答申のあった育鵬社は、協議の議長を務めた竹盛洋一委員を除く竹富町の全委員と石垣市の仲本、嵩田美代子、与那国の入慶田本朝政の7委員の賛成で不採択と決めた。これに代わる教科書として大田綾子委員(竹富)らが推した東京書籍を同様に採択した。

 仲本委員長は多数決になったことに「正直残念だが、入り口(協議会)の部分でボタンの掛け違いがあったのがきょうにつながったと思う」と話した。
スポンサーサイト



<< 今日から松島ゼミで奄美大島に行ってきます | ホーム | 国連会議参加合同報告会ー脱植民地化と人民の自己決定権 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP