FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

松島ゼミの奄美調査のお礼

12日から15日まで、奄美大島に調査旅行をしました。12日には笠利の海でシュノーケルを美しい珊瑚と魚を見ました。奄美の美しい海に感謝したい気持ちになりました。

次の日は、朝、あまみFMの麓さんから、FMができるまでのご苦労、友人との支援、島に対する思いを聞きました。特に、昨年の集中豪雨に対してFMラジオが重要な役割を果たすことができた話には感動しました。

午後に、南海日日新聞の大野編集局長から、印刷、販売、編集の各部署におきまして、新聞が出来上がるまでの過程を詳しく伺いました。また集中豪雨に対する新聞社の対応、奄美諸島の政治経済、文化と新聞社のかかわりについてお話を詳しく聞きました。

その後、奄美新聞に行き、清副社長、そして社長から、奄美諸島における新聞社の役割についてインタビューを行いました。

そして、奄美市の商店街である、テッダモールにおいて、学生15人がアンケート用紙をもって、上は96歳から下は中学生まで話を伺いました。学生にとって島方に話をうかがえる貴重な体験であったと思います。集中豪雨の影響、少子高齢化・人口減少問題に対する住民の意見・対策について聞きました。

夕方からは、南海日日新聞社の久岡さん、中京大学の加藤先生と交流させていただき、貴重なお話を伺いました。

14日は、住用のマングローブに行き、カヌーをしました。マングローブの中をゆっくりとカヌーにのっていると、奄美の豊かな自然が体の中に入ってくるように感じました。

そのあと、宇検村にいき、新元さんから、宇検村の歴史、島おこし運動、これからの宇検村の在り方について伺いました。そして綺麗なタエンバマで泳ぎました。

15日の朝、奄美市役所に行き、集中豪雨の被害額、これからの防災対策、地域発展の方法、奄美振興開発の方向性、財政問題対策、少子高齢化対策、観光業の在り方等、多様な観点から学生からの質問に答える形で、議論をさせていただきました。


3泊4日のゼミ旅行で、お世話になった方々に心よりお礼申し上げます。

密度の濃い、学生たちにとって、今後の学生生活、人生においても心に残る旅であったと思います。


スポンサーサイト



<< ノロとしての琉球人女性 | ホーム | 今日から松島ゼミで奄美大島に行ってきます >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP