FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ゆいまーる会議の打ち合わせと交流会

昨日は、東京の藤原書店にいき、3月に伊江島で行われる予定の「ゆいまーる会議」の打ち合わせを行いました。伊江島での車座の集いも有意義なものにしたと思います。

今年は伊江島の村ができて100年目となります。この節目の年に当たり、伊江島における戦争、平和、基地について考えるとともに、阿波根昌鴻のあゆみから何を継承するのかを議論し、

そして、他の琉球の「集団自決」問題、基地問題等についても突っ込んだ話し合いが出来ればと考えています。

ゆいまーる会議の話し合いが終わり、社長、5人の社員のみなさまと新宿2丁目の「島の人」に行きました。この店は私が学生だったころ、

東京にあった南灯寮(東京狛江市にある50人の琉球人が生活していた寮)の先輩から教えられて初めて行って以来、何度も足を運んだ居酒屋です。現在は2号店もあるそうです。

20年前と店の作りや雰囲気はほとんど変わっておらず、タイムマシーンで学生時代に戻ってきたようでした。ここで、友達先輩、研究仲間と琉球を巡り激論したことを思い出しました。

マスターは沖永良部島出身の瀬川さんです。20年前とほとんどお顔や声が変わっていません。親しみのある優しい方です。あのころと同じく、今も三線の練習を店でやっているそうです。

昨日はマスターと、沖永良部出身の女性店員の方が三線を引いて、みんなで大きなカレンダーの裏に書いた歌詞を見ながら、合唱しました。沖永良部百合の歌、島唄、てぃんさぐの花、十九の春等を唄いました。

2次会として、社員のみなさんと歌舞伎町にある「琉琴」に行きました。そこは以前「かんじゃやー」と呼ばれていた琉球居酒屋でした。すこし内装が変わりましたが、居心地のいい店でした。

そこで伊江島出身で東京に在住されている女性と偶然にもお会いして、3月の集いにお誘いしました。世の中には目に見えないいろいろな出会いがあるなと思いました。

人との出会いによって世の中や社会の見方が変わり、その人のあゆみが形成されていくのだなと思います。

藤原社長、西さん、小枝さん、吉田さん、磯前さん、小畑さん、島の人や琉琴の皆様、感謝いたします。


スポンサーサイト



<< 喜山荘一さんの与論島クオリア | ホーム | 多田治氏に再反論する >>


コメント

次回は

楽しい夜でしたね。

次回、東京へいらっしゃる際は、ぜひ声をかけてください。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP