FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

龍谷大学社会科学研究所、国際開発学会島嶼部会共催の研究会のお知らせ

研究会の案内をします。ご参加希望者は、一木さんまでご連絡ください。


2011年9月25日 研究会  13:00~

  龍谷大学社会科学研究所、国際開発学会島嶼部会共催



 講演

  池田佳代氏 広島大学准教授

   講演テーマ

   「アメリカ・オバマ政権の日米同盟強化に向けた戦略」
   ―グアム統合軍事開発計画をめぐるワン・グアム政策に関する考察を中心に―

   冷戦後、衡平や普遍などの言葉で語られるようになってきたアメリカのリベラリズムの 変質
  が、日米同盟の負担を押し付けられている人々にどのような影響を与えているか、報告いたし

  ます。



  辻修次氏 龍谷大学社会科学研究所客員研究員

   講演テーマ

   「コミュニティー型保全のパラドクス」

   ―パラオ共和国におけるミクロネシアチャレンジの事例を中心にー

  環境保全、地域の自立、NGOの関与、参加型の合意形成などは、かつて内発的発展論などオル

  タナティブな開発論のキーワードとされてきた。これらのキーワードは、1990年代の新興

  工業国などの文脈では、オルタナティブを実現するための一揃えのアプローチであるように目

  されていた。しかし、異なる文脈にある事例を観察すれば、これらのキーワードのいずれかを

  旗印にしたプロジェクトについて、果たしてそのようなことがいえるのか、報告いたします。



 コメンテーター

  松島泰勝氏 龍谷大学経済学部教授



 場所

龍谷大学深草学舎6号館304号松島研究室にて行います。

  当日は、深草学舎、守衛室横の入口より、お入りください。



 懇親会

  研究会終了後、懇親会を行います。



参加希望者の方は、メールにて(アドレスは、e10m762@mail.ryukoku.ac.jp)、

民際学研究会事務局(一木久治)まで、お申し込み願います。

スポンサーサイト



<< 人種差別下にある琉球 | ホーム | 日本政府が責任を持って不発弾処理、それに関する経費をしはらうべきである >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP