FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

基地付きの一括交付金は、琉球の自治には何の意味もありません

9月21日の沖縄タイムスの記事です。

一括交付金と基地建設をリンクさせようと日本政府は狙っています。
基地付きの一括交付金は、琉球の自治には何の意味もありません。
そんなものは拒否すべきです。




2012年度概算要求基準の重点化項目に沖縄振興が明記され、一括交付金の検討に取り組む政府の姿勢が閣議決定された意味合いは重く、一括交付金が導入される見通しがほぼ確実になった。しかし、予算規模や制度などの全体像は固まっておらず、県にとっては予断を許さない状況に変わりはない。(東京支社・銘苅一哲)

 現在、12年度以降の新たな沖縄振興での一括交付金をめぐる論点は大きく分けて二つ。「予算額」と「自由度」だ。

 県は3千億円を自由に使える沖縄振興一括交付金(仮称)の創設を求め続ける一方で、関係閣僚や民主党幹部、官僚は予算規模は年末の予算編成で固まるとしてきた。さらに、省庁の一部からは東日本大震災の復興財源が必要とされる中、沖縄だけ前年度(約2300億円)を上回る予算を確保するハードルの高さを指摘する声もあった。

 今回の基準は復興をメーンにしたが、日本を再生させる重点化項目の一つに「沖縄振興」を特筆した。重点化の対象となった分は各省庁が前年度予算の1割減分を1・5倍にして要求が可能となり、全体で7千億円程度となる。

 7千億円の配分は政府・与党会議を経て野田佳彦首相が決定する。首相の政治判断により振興予算を3千億円とする可能性はあるが、逆に言えば確証はない。

 もう一つの論点である「自由度」もいまだに視界不良だ。今回の基準は、より細かい考えを示す別紙で「一括交付金に関する地元の要望を十分に踏まえ、予算編成過程において検討する」との表現にとどまった。

 自由度、つまり具体的な制度設計は年末に詰める姿勢を示しており、今月末の概算要求でも項目のみの要求にとどまる見通しだ。

 一括交付金が導入されたが一定の自由度しかない〝骨抜き〟の制度になるのか。県と政府の協議は政治を巻き込み、年末の予算編成までの約3カ月で最終局面に入る。

スポンサーサイト



<< 今日、龍谷大学で民際学研究会が開催されます | ホーム | 与那国島での反対署名提出は遅いのか >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP