FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

江戸期の奄美諸島―「琉球」から「薩摩」へ

一昨日の沖縄国際大学での合同報告の集いに多くの方がおいで下さり、貴重な出会いや発見があり、また勇気づけられ、琉球の脱植民地化にむけた確実な一歩を感じることができました。


合同報告会にも参加された前利さんから次の本が紹介されました。前利さんが編集された素晴らしい本ですので、皆さんお読みください。


『江戸期の奄美諸島―「琉球」から「薩摩」へ』


原口 泉 (著), 豊見山 和行 (著), 池内 敏 (著), 弓削 政己 (著), 高橋 孝代 (著), 前利 潔 (著), 知名町教育委員会 (編集)


1609年、薩摩島津氏は琉球を侵攻した。以降島津氏は、琉球を支配下におき、奄美を直轄の植民地とした。それから400年を経た2009年、はじめて琉球列島の住民が琉球侵攻を語り始めた。 江戸期、奄美諸島はどういう状況にあったのか。第一線の研究者が、最新の知見からあぶり出す。

著者について
◎原口 泉(志學館大学人間関係学部教授)

◎豊見山和行(琉球大学教育学部教授)

◎池内 敏(名古屋大学大学院文学研究科教授)

◎弓削政己(奄美市文化財保護審議会会長)

◎高橋孝代(沖縄大学准教授)

◎前利 潔(知名町教育委員会)

--------------------------------------------------------------------------------
登録情報
単行本(ソフトカバー): 315ページ
出版社: 南方新社; 1版 (2011/9/21)

スポンサーサイト



<< 沖縄の戦後思想を考える | ホーム | 琉球は私を元気にする >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP