FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

喜山荘一さんの与論島クオリア

本日、朝方、発出しました私のブログですが、「喜山康三さんの与論島クオリア」とタイトルをつけていましたが、実際は、「喜山荘一さんの与論島クオリア」ですので、訂正してお詫び申し上げます。

私はてっきり、康三さんが書いていると思ってました。先程、頂戴した荘一さんのメールによれば、康三さんは荘一さんのパラジ(親戚)だそうです。

荘一さんは東京に住んでおられるそうで、これを機会に、東京でお会いしたいと存じます。
朝のブログ内容も少し変えました。



与論島の町会議員をされている喜山康三さんにはまだお会いしたことはありませんが、奄美大島で「あまみ庵」という古本屋をされている森本さんからご紹介をいただき、携帯電話でお話をさせていただきたことがあります。

喜山さんは島の海岸を開発から守るために、体に鎖を巻いて闘ったと聞いたことがあります。自らの体をはって島を守ろうとされていることに深く感動しました。

喜山康三さんの親戚の喜山荘一さんは、本ブログでもリンクを張らせていただいている、「与論島クオリア」というブログにおって島の特産物を紹介し、与論島、奄美諸島のあり方を鋭く問うております。

「与論島クオリア」に以下のように、私の文が掲載されましたので、ご紹介いたします。




2008/02/04
「ゆいまーるに基づく自治の道」
 奄美と沖縄の共通の土俵で語る問題意識に親近感があって、松島さんの『NPO法人ゆいまーる琉球の自治』をよく見ている。

 今日の「『奄美』とは何か」も、遠慮なく核心をついた記事だ。

奄振や沖振はともに失敗したのであり、琉球人は開発に期待してきた自らの過ちを反省し、「国に依存した経済自立策」を拒否して、固有の文化や自然という地域の宝を活かしながら互いに協力していく、ゆいわく、ゆいまーるに基づく自治の道を歩む時期にきていると考える。
 この立言は、状況に杭を打ち込むように、強い。そうではないだろうか。





喜山荘一さんのお言葉をしっかり受け止めながら、「ゆいまーるに基づく自治の道」について考え、学び、歩んでいけたらと思います。

いつの日か東京、与論島でお会いして、島のお話を聞かせていただきたいです。




スポンサーサイト



<< 西浜 楢和さんの『沖縄通信』 | ホーム | ゆいまーる会議の打ち合わせと交流会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP