FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

沖縄の戦後思想を考える

鹿野政直先生から『沖縄の戦後思想を考える』を送っていただきました。私の本の『沖縄島嶼経済史』の紹介も経済自立の項目で紹介して下さいました。にふぇーでーびたん。

次の内容の本ですので、お読みください。

出版社名
岩波書店 (岩波書店)

発行年月
2011年09月

本の内容

敗戦以来「占領」という檻のなかで、また一九七二年の復帰以降は「日本」という枠のなかで、沖縄の人びとは基地の重圧と対峙し続ける厳しい現実を生きてきた。そこで培われてきた豊かな思想的達成をいかに受けとめ、そこから発せられる問いにいかに応えるか。真摯な課題意識と深い共感をもって生き生きと描き出す戦後沖縄の思想像。

目次

はじめに 沖縄のいまから
1 「占領」という檻のなかで—一九四五‐一九七二年(戦争と占領を衝く
焦点となった復帰)
2 「日本」という枠のなかで—一九七二‐二〇一〇年(文化意識の再構築
問われゆく復帰)
むすび 沖縄のいまへ
スポンサーサイト



<< 西川潤先生の「内発的発展論の今日的課題」講演会 | ホーム | 江戸期の奄美諸島―「琉球」から「薩摩」へ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP