FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

組踊が結ぶ琉球と京都

京都新聞の9月28日の記事で次のような組踊の京都での開催が告知されました。
私も、又吉先生、真喜屋さんのご厚意により、観劇することが可能になりそうです。にふぇーでーびたん。楽しみです。

非常に興味深い組踊ですので、お近くの方はおいで下さい。





江戸時代初期に琉球国(沖縄)に念仏を広め、沖縄の踊り「エイサー」の基礎を築いたとされる、浄土宗の僧侶、袋中良定(袋中上人)が、京都で布教活動を行ってから、今年で400年になるのを記念し、沖縄伝統芸能の組踊の新作が、10月8日に京都市上京区の府民ホール・アルティで上演される。28日に左京区の檀王法林寺で制作発表が行われた。

■8日上演 史実基にエイサーも
 袋中上人は福島県いわき市生まれ。1603年に琉球国に渡り、3年間布教活動を行った。尚寧王が帰依したことで知られ、その際に琉球国に伝えた念仏踊りがエイサーの起源とされる。京都で1611年に檀王法林寺、19年に袋中菴(右京区)を開いた。

 記念の年に合わせて琉球舞踊道場「玉城流いずみ会」(沖縄県)が袋中上人と尚寧王が登場する歌舞劇の組踊を制作。上人ゆかりの京都で初上演することになった。

 組踊の題は「修羅の縁 ―尚寧王と袋中上人再見―」。尚寧王は上人が去った後、薩摩藩の侵攻を受けて江戸へ連行されたが、伏見で上人と再会を果たした、という史実に基づいた物語。琉球の古典舞踊を基本とし、文献に残る当時の衣装や小道具も再現。念仏歌を歌いながらエイサーを踊る場面も取り入れた。

 同会家元の又吉靜枝さん(68)は「沖縄と京都は歴史的に深い縁があることを知ってもらいたい」と話した。

 記念公演は午後2時と6時開演の計2回。琉球舞踊の上演や、尚寧王と袋中上人についての対談もある。5500円(当日は6千円)。問い合わせは玉城流いずみ会携帯電話070(5483)1068。
スポンサーサイト



<< 第10回ゆいまーる琉球の自治in座間味島へのご招待 | ホーム | 西川潤先生の「内発的発展論の今日的課題」講演会 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP