FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

西川潤先生、ありがとうございました。

昨日は、龍谷大学ともいき荘において、西川潤先生が「内発的発展論の今日的課題」と題する講演をして下さいました。

約1時間半の講演と、1時間の質疑応答で、内発的発展の形成、現在の世界経済、共同体と個人との関係、市場と個人、人と人とむすぶスピリチュアリティの意味、集団的人権論の役割、地域主権、社会的ガバナンスや社会的企業の役割、グローバリゼーション下の内発的発展の役割、市民社会とは、身の丈の生き方、教育の在り方、個人の目覚めや社会の目覚めなど、私自身は多くのことを学びました。

現在私が進めている研究や活動の中に活かしたいと思います。心より感謝申し上げます。

そのあと、京都府民ホールで、琉球舞踊、組踊を見ました。鮮やかな琉球衣装、琉球語、精神性の強い踊り、軽やかな楽しいエイサーに心躍るひと時でした。

尚寧王が、江戸幕府から帰る途中で宿泊した京都伏見で、京都見物しないかとの申し出に対して、「自分は敗残の将であり、生き恥をさらしたくない」といって、京都見物を断ったとのエピソードを聞きました。王は玉陵にも埋葬されていません。
そのとき京都に滞在されていたときの王の思いを胸にいだきながら、組踊をみました。

スポンサーサイト



<< 星野リゾートに石垣金星さんが怒る | ホーム | Okinawa is a Japanese Colony >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP