FC2ブログ

FC2カウンター

プロフィール

Yasukatsu Matsushima

Author:Yasukatsu Matsushima
1963年琉球石垣島生まれ。石垣島、南大東島、与那国島、沖縄島にて育つ。

その後、東京、グアム、パラオ、沖縄島、静岡、京都、滋賀にて学び、働き、生活する。

著書に『沖縄島嶼経済史―12世紀から現在まで』藤原書店、2002年
『琉球の「自治」』藤原書店、2006年
『島嶼沖縄の内発的発展―経済・社会・文化』(編著)藤原書店、2010年、
『ミクロネシア―小さな島々の自立への挑戦』早稲田大学出版部、2007年
『琉球独立への道』法律文化社、2012年
『琉球独立論ー琉球民族のマニフェスト』バジリコ、2014年
『琉球独立ー御真人の疑問にお答えします』Ryukyu企画、2014年
『琉球独立宣言ー実現可能な5つの方法』講談社文庫、2015年
『民際学の展開ー方法論・人権・地域・環境の視座から』(編著)晃洋書房、2012年
『琉球列島の環境問題ー「復帰」40年・持続可能なシマ社会へ』(編著)高文研、2012年
『3・11以後何が変わらないのか』(共著)岩波書店、2013年
『島嶼経済とコモンズ』(編著)晃洋書房、2015年
Yasukatsu Matsushima

バナーを作成

リンク

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

琉球関連の文献

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

星野リゾートに石垣金星さんが怒る

10月9日の八重山毎日新聞の記事と、星野リゾート広報を紹介します。

竹富島で高級リゾートを建設する星野リゾートが、日本資本としてユニマットとともに、小浜、西表でもその支配を拡大しようとしています。

星野リゾートは島を自分の体の一部のように思っている金星さんの声を真剣に聞き、島を破壊するリゾートから手を引きべきです。




西表リゾート開発差し止め訴訟原告団(石垣金星団長)は8日午後、10月1日から星野リゾートが西表サンクチュアリーリゾートニラカナイを運営することについて、「運営参加は自然環境破壊、環境汚染、地域文化破壊などの違法行為を継続するものであり、(星野リゾートの)企業ビジョンとも相反する」と抗議したことを発表した。

 同原告団(約560人)は2005年7月に同ホテルを所有するユニマット不動産を被告に開発差し止め訴訟を提起。最高裁まで上告したが、07年9月に棄却された。

 星野リゾートが同ホテルを運営することについて、団長の石垣さんは同日午後、八重山毎日新聞社会議室で会見し、「島の人がトゥドゥマリ浜を大事にして、多様な生態系が残されてきた。世界自然遺産登録に向けた生物多様性の要でもあり、守らなければならない場所だ」と述べ、6日付で星野リゾートに抗議文を送付したという。

 抗議文ではホテルの営業開始後、トゥドゥマリハマグリの大幅な減少やウミガメの産卵がなくなったことを指摘し、「運営から撤退することを強く求め、撤退しない場合はホテル営業差し止め請求訴訟も辞さない決意だ」としている。

 原告団の伊藤正孝さんは「生活している中でハマグリの殻も見られなくなり、ここにしかいないハマグリがほぼ絶滅したのではないか」と述べ、松本貢さんも「星野リゾートがどれだけ自然を守ると言ってもホテルが営業しているだけで自然を破壊している」と星野リゾートの運営参画を批判した。





2011年10月1日より、株式会社星野リゾート(長野県 代表取締役 星野佳路)は、株式会
社南西楽園リゾート(東京都 代表取締役 澤田道太郎)から委託された「小浜島リゾート&ス
パ ニラカナイ」(沖縄県八重山郡竹富町小浜東表2954)及び「西表サンクチュアリーリゾート ニ
ラカナイ」(沖縄県八重山郡竹富町字上原2-2)のホテル事業の運営を行います。


「小浜島リゾート&スパ ニラカナイ」は沖縄県石垣島から高速船で25分の所に位置する周囲
16キロの島にあるリゾートホテルです。日本最南端のゴルフ場「ニラカナイカントリークラブ」
でのゴルフや敷地内にある3つあるプールの他、目前の海で遊べるマリンスポーツなど、多彩な
アクティビティが充実しています。

また「西表サンクチュアリーリゾート ニラカナイ」は石垣島から高速船で40分、島の9割が
亜熱帯の植物という豊かな自然に包まれたリゾートホテルです。特異な自然環境を活かしたバラ
エティあるエコツアーに特徴があり、日本最後のサンクチュアリーといわれる島独自の希少価値
を実感いただけます。


両社は、国内旅行人気ナンバーワンの沖縄という立地を活かして、これからも沖縄経済の発展
と日本の観光力に寄与して参ります。今後の活動をどうぞご期待ください。


スポンサーサイト



<< うないフェスティバル2011が開催されます | ホーム | 西川潤先生、ありがとうございました。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP